「Wayward Manor」

2009年から翌年に掛けて当サイトで執拗に紹介を続けていた稀代のパイ泥棒ゲーム“The Misadventures of P.B.Winterbottom”を手掛けたカリフォルニアのインディーデベロッパ“The Odd Gentleman”と、ヒューゴー賞を獲得しヘンリー・セレック監督によって映画化も果たされた“コララインとボタンの魔女”や、DC Vertigoブランドの傑作“サンドマン”、そして天野喜孝が作画を担当し日本語版では夢枕獏が訳を手掛けた“The Sandman: Endless Nights”(サンドマン 夢の狩人 – ドリームハンター)といった作品で知られる著名な作家ニール・ゲイマンが協力し、「Wayward Manor」と名付けられた新作ゲームの開発を進めていることが明らかになりました。

既にニール・ゲイマンが自ら“Wayward Manor”の紹介を行う映像に加え、公式サイトがオープンしており、様々なアイテムを用意したクラウドファンディングが開始されています。

ニール・ゲイマン自ら語る“Wayward Manor”の紹介トレーラー

公式サイトや海外報道によると、“Wayward Manor”は1920年代のニューイングランドに建てられた大邸宅を舞台にした作品で、プレイヤーはこの大邸宅に住む幽霊として、やかましい住人(生者)達を驚かして追い払い静寂を手に入れるため、様々な創意工夫とひらめきをこらすというもの。

PCとMac、タブレットデバイスを対応プラットフォームとする“Wayward Manor”は今秋リリースの予定で、最も安価なデジタル版コピーの価格はPCとMac版共に10ドルとなっています。

“コララインとボタンの魔女”にも似た要素が感じられる“Wayward Manor”ですが、生ける者と死者、或いはあっち側の世界と現実世界の物語に長けたニール・ゲイマンが“The Odd Gentleman”とどんなお化け屋敷物を誕生させるのか、映像や公式サイトに登場したアートワークは早くもThe Odd Gentleman節が炸裂する素晴らしい内容で、続報が楽しみな作品がまた1つ増えたと言えそうです。

「Wayward Manor」
「Wayward Manor」
「Wayward Manor」
情報元及びイメージ:Wayward Manor, Polygon, Gamesutra

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.