「Child of Light」

昨日、Ubisoftが今後手掛けるデジタルタイトルラインアップのお披露目に併せて正式発表を迎えた素敵な新作RPG「Child of Light」ですが、本作の開発を率いるクリエイティブディレクターPatrick Plourde氏が新たに英OXMのインタビューに応じ、“Child of Light”のボリュームについて興味深い見解を明らかにしました。

現在のメインストリームに対して、よりオリジナルで未知なタイトルへの欲求の存在を感じていると語ったPlourde氏は、TelltaleのThe Walking DeadやthatgamecompanyのJourneyがデジタルダウンロードタイトルの認識を変えたと述べ、こういった類の作品が今後ますます発展するだろうと発言。自身にとって、“Child of Light”が60ドルのフルタイトルに匹敵する価値を持つ作品で、ボリュームは軽く10時間を超える長い作品だとアピールしています。

さらに氏は、Ubisoftがいわゆる典型的なコアゲーマー向けのプレイテストを実施したことを明かし、彼らの中に“火垂るの墓”がお気に入りの映画で、自宅にトトロのぬいぐるみを持つ、“これまでと異なる何かを探している人々”が多く存在しているとの見解を示しました。

スタジオジブリや天野喜孝、そしてヨン・バウエルの作品に影響を受け、JRPGに大きくインスパイアされたゲーム性を特色とする本作が海外市場でどう受け入れられるか、今後の動向に改めて注目が集まるところです。

参考:先日公開された“Child of Light”の素敵なアナウンストレーラー
情報元:OXM

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.