「Diablo III」

先日、初の拡張パック“Reaper of Souls”や“Loot 2.0”といった来る大規模な拡張に向け、オークションハウスの閉鎖が発表された「Diablo III」ですが、今年8月に開催されたgamescomでの“Reaper of Souls”発表以降、公式フォーラムではレベリングのシステムを刷新する“Paragon 2.0”に関する質疑応答が繰り返されており、かなり具体的な仕様が明らかになりつつあります。

そんな中、昨日ゲームデザイナーのTravis Day氏とコミュニティマネジャーStephanie “Lylirra” Johnson氏がそれぞれParagon 2.0経験値の取得に関する幾つかのディテールを明らかにしました。

既に非公式な解析情報などから、多数のディテールが浮上している“Paragon 2.0”ですが、今回はBluepostなどから判明しているシステムの概要と、新たに判明した仕様をまとめてご紹介します。

■ gamescom以降判明している“Paragon 2.0”に関する公式情報

  • ※ 開発中であることから、これらの情報は今後変更の可能性有り。
  • 現在のレベルキャップが廃止されるParagon 2.0では、Paragon取得経験値がアカウント全体(※ ノーマルとハードコアは分離)で共有され、最大レベルではないキャラクターにParagonポイントを費やしキャラクターの強化が可能となる。(※ 参考
  • ポイント使用の例:ノーマルモードで未使用のParagonポイントを100所有する場合、同じアカウントに存在するノーマルキャラクターなら誰にでもポイントを使用することが可能。(※ 参考
  • Travis Day氏は、Paragon 2.0導入の目的について、本作の主要なエンドゲーム進行がアイテムにあると明言し、刺激的なアイテムが得られない間にもモンスターを殺し続けるための明示的な特典だと説明している。
  • Paragonポイントを利用し、任意のキャラクターの様々なステータスを強化することが可能だが、ポイントを費やすカテゴリはParagonレベルによって決定される。
  • Paragonポイントで強化可能なStatsのカテゴリは以下の4種に分類される。
    • StrやIntなど、主要なアトリビュートを強化可能な“Core Stat”カテゴリ
    • 攻撃系の能力を伸ばす“Offensive”カテゴリ
    • 防御系の能力を伸ばす“Defensive”カテゴリ
    • 付加的な能力を強化する“Utility”(Adventure)カテゴリ
  • Paragonポイントの利用は1レベル時に“Core Stat”、2レベル時に“Offensive”、3レベル時に“Defensive”、4レベル時は“Utility”カテゴリから強化したいステータスを選択する必要があり、5レベル以降はこのカテゴリ順が繰り返される。(※ コアStatsの極振りは出来ない)
  • Paragon 800レベル到達時に“Offensive”と“Defensive”、“Utility”カテゴリが限界値に達するため、800レベル以降は“Core Stat”カテゴリの主要アトリビュートにポイントが費やされる。
  • Paragonレベルと使用可能なParagonポイントは、現在のParagonレベルの合計では無く、全キャラクターの総Paragon経験値から決定される。なお、レベリングカーブについては現在も調整中。(※ 参考
  • Paragon 2.0の経験値はノーマルとハードコアで分割して扱われ、ハードコアキャラクターが死亡した場合にも、獲得したハードコア全体のParagon取得経験値は失われない。なお、現行バージョンにおけるハードコアキャラクターのParagon経験値が2.0の経験値に寄与するかどうかは未決定。
  • 同様にキャラクターを削除した場合にも、Paragon2.0の総取得経験値は失われない。
  • Paragon 2.0でキャラクターに費やしたParagonポイントはRespec可能。なおリセットの費用やコストについては検討中。
  • Paragonレベル用のポートレートが刷新される。

■ 昨日公式フォーラムで明らかになった“Paragon 2.0”の新たな仕様

  • プレイヤーが最大レベルのキャラクターでプレイしている場合のみ、Paragon経験値が得られる。(※ 参考
  • キャラクターがレベル60でParagonレベルが100である場合、“Paragon 2.0”導入後は再びParagonが取得可能となる。
  • “Paragon 2.0”が適用された後、拡張パックを導入しない場合、レベル60のキャラクターは新システム上のPadagon経験値を獲得し続けることが可能。(※ 参考
  • “Paragon 2.0”が適用された後、拡張パックを導入した場合、レベルキャップが70に拡張されるため、Padagon経験値の取得は一旦停止される。キャラクターがレベル70に到達後、改めてParagon経験値が取得可能となる。
情報元:IncGamers

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその99
「3コマ:ベテランどばきんを舐めるな」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.