「Deathfire: Ruins of Nethermore」

先日、デジタルサイコロ“Dice+”への対応をご紹介したGuido Henkel氏の新作RPG「Deathfire: Ruins of Nethermore」ですが、初期目標に39万ドルの資金調達を掲げてスタートしたKickstarterキャンペーンは残念ながら20万ドル強で終了する結果となっていました。

そんな中、Kickstarterに併せてGuido Henkel氏がプロジェクトを継続するためのプランBとして予告していた独自の資金調達キャンペーンが公式サイトにて開始され、開発のリスクを分散するために“Deathfire: Ruins of Nethermore”がエピソード形式のタイトルとなることが明らかになりました。

新たなPladgeは、フォーラムへのアクセスとクレジット入り、壁紙の提供を含む5ドルコースから、1~3章を含むゲームの前半を収録した15ドルコース、4~6章を同梱する20ドルコースをはじめ、多数の特典を擁する1,000ドルコースまで多数用意されており、既に1,000人を越えるファンが44,000ドルを越える資金を提供する状況となっています。

Planescape: Tormentのプロデューサーを務め、ボックスアートに描かれたNameless Oneのモデルとしても知られるGuido Henkel氏の新作ですが、前述した“Dice+”への対応やSteam Greenlight入りも果たした新作が開発に必要な40万ドルを無事集めることが出来るか、今後の動向に改めて注目が集まるところです。

参考:以前に公開された“Deathfire: Ruins of Nethermore”のアニメーションテスト映像
参考:“Deathfire: Ruins of Nethermore”のインゲームフッテージ
参考:“Dice+”の対応について説明するGuido Henkel氏

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.