「Quantum Break」

先日開催されたVGXにて、初のゲームプレイフッテージがお披露目された「Quantum Break」ですが、Remedyのフランチャイズ開発を率いるボスOskari Hakkinen氏がdevelopのインタビューに応じ、ゲームパートと実写ドラマパートが交互に繰り返される本作特有の構成について言及し、幾つかの新しいディテールが明らかになりました。

“Quantum Break”は、本来の主人公達をプレイする通常のゲームセグメントと、主要ヴィランPaul Sereneとしてプレイし今後の展開に大きな変化をもたらす“分岐モーメント”から構成されるゲームパートと、前述した選択により展開が変化する実写ドラマパート(※ ドラマパートの映像データはゲームディスクに同梱)がAct毎に繰り返される海外テレビドラマシリーズに似た構成を採用していることが既に報じられていますが、TVドラマ的なエピソード形式の利点や具体的な構成について語ったHakkinen氏は以下のようなディテールを明らかにしています。

  • “Quantum Break”は、実写パートとゲームが1セットの経験として構築されるよう目指している。これにより、“Quantum Break”はゲームのエピソードをプレイした後にドラマのエピソードをアンロックし、その後再びゲームに戻り、さらに次のドラマパートがアンロックされるといった、両パートが交互に繰り返される構成となる。
  • 詳細はまだ明かせないが、このゲームとドラマパートの繰り返しに、プレイヤーはストーリー的な観点におけるコインの裏と表を見ることになる。
  • プレイヤーは、ゲームパートで本作のストーリーにおける1つのテーマに沿ってプレイし、一方のドラマパートではストーリーにおける別のテーマを目にする。この異なる2つのテーマは、ゲーム全体の経験を形作るために相互にかみ合う関係性を持っている。
  • ただし、アンロックしたドラマパートをすぐに見たくない場合、映像を後から鑑賞し、次のゲームパートに進むことも可能。
  • また、アンロックしたドラマパートはタブレットやモバイルデバイスで鑑賞することも可能で、通勤中にドラマパートをチェックし、帰宅後にゲームパートを楽しむといったプレイも可能となる。
情報元:OXM

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその99
「3コマ:ベテランどばきんを舐めるな」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.