「Disney Infinity」

昨日、NPDが発表した12月アメリカ市場のビデオゲーム産業に関する販売データから、2013年のアメリカ市場で最も売れたリテール品のランキングで見事トップ10入りを果たしたDisney渾身の新フランチャイズ「Disney Infinity」のスターターパック(74.99ドル)が8月のローンチから300万本を販売していたことが明らかになりました。

これは、Disney InteractiveのJames Pitaro社長がNew York Timesのインタビューに応え明らかになったもので、Pitaro氏は本作がファミリーとゲーマーの両方に受け入れられ満足していると述べ、300万本に達した販売がDisney内部の期待値を大きく超えた結果で、Infinityが持続するビデオゲームプラットフォームとなるためのお膳立てを実現したと説明しています。

■ 参考:2013年のアメリカ市場において最も売れたリテール品のトップ10

  1. Grand Theft Auto V (360, PS3)
  2. Call of Duty: Ghosts (360, PS3, XBO, PS4, PC, NWU)
  3. Madden NFL 25 (360, PS3, PS4, XBO)
  4. Battlefield 4 (360, PS3, XBO, PS4, PC)
  5. Assassin’s Creed IV: Black Flag (360, PS3, PS4, XBO, NWU, PC)
  6. NBA 2K14 (360, PS3, PS4, XBO, PC)
  7. Call of Duty: Black Ops II (360, PS3, NWU, PC)
  8. Just Dance 2014 (WII, 360, NWU, XBO, PS3, PS4)
  9. Minecraft (360)
  10. Disney Infinity (360, WII, PS3, NWU, 3DS)

NPDの12月販売データでは、Activisionの人気フランチャイズとなったSkylandersシリーズ最新作“Skylanders Swap Force”が59万7,000本を販売した一方で、“Disney Infinity”が55万1,000本販売を達成しており、フィギュア販売系のビジネスを確立したSkylandersシリーズのセールスに迫る状況となっています。

今回好調な販売が報じられた“Disney Infinity”のスターターパックですが、これはあくまでもゲームをプレイするための基本セットであり、この他ゲームに様々なコンテンツを追加するプレイセットやフィギュアのバンドル、2個のパワーディスクをランダムに同梱する4.99ドルの小売り袋パックも販売されていることから、前述した“持続するビデオゲームプラットフォームとなるためのお膳立て”は言葉通りの結果だった様子が窺えます。

なお、昨年11月上旬に発表されたDisney InteractiveのQ4報告では、“Disney Infinity”の成功により前年同期比で100%を超える収益増を記録したことが判明しており、昨年末に発売された“Frozen”(アナと雪の女王)関連のトイに続く商品展開を含め、2014年の動向に改めて注目が集まるところです。

情報元:Polygon, Joystiq

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその99
「3コマ:ベテランどばきんを舐めるな」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.