「The Order: 1886」

先日、素晴らしい新トレーラーとゲームプレイを含むプレビューの解禁を迎え、想像を軽く超えるクオリティのインゲームフッテージが大きな注目を集めたReady at Dawnの新作「The Order: 1886」ですが、新たにスタジオの共同創設者でCTOを務めるAndrea Pessino氏がファンの質問に答え、本作の主要キャラクターに10万ポリゴン超のハイポリモデルが用意されていることが明らかになりました。


Andrea Pessino氏の発言によると、主要キャラクターの頭部には250種のジョイント(※ ボーンを接続する可動箇所)に加え、モーフ用のターゲットとなるブレンドシェイプが130種も用意されており、先日お披露目を迎えたゲームプレイ映像と併せ、次世代品質のキャラクター表現が想像を超える速度で進化している様子が窺える状況となっています。

参考:先日公開されたPlayStation Accessによるプレビュー

なお、世代間の判りやすい比較として、PS2時代のクレイトスさんがおよそ5,000ポリゴンと3枚のテクスチャ、God of War IIIのクレイトスさんが2万ポリゴンで少なくとも20枚のテクスチャで構成され、この間にアニメーションデータが約6倍に膨らんだことが判明しているほか、Heavy Rainの主要キャラクターが約15,000ポリゴン、Beyond: Two Soulsのジョディが約3万ポリゴン(※ 参考)だったことが知られており、PS3からPS4への移行を経て、キャラクターモデルが3倍から5倍近い規模で高精細化している様子が窺えます。

また、一方でXbox One向けにリリースされたRyse: Son of Romeの主人公Mariusが85,000ポリゴン、モデル全体用の770ジョイント(内フェイシャルが260)、230種のフェイシャル用ブレンドシェイプで構成されていたことが判明しており、“The Order: 1886”と同程度のキャラクター表現が用いられていることからも、次世代品質のキャラクター表現における1つの興味深い指標として今後の仕上がりに改めて注目を集めることになりそうです。

なお、“The Order: 1886”の主人公グループ“Order”は4人のメンバーで構成されており、前述した10万ポリゴンクラスのキャラクターモデルが同時に複数登場するシーンが多く確認されています。

「The Order: 1886」
CrytekのCevat Yerli氏がDICE Summitで提示したRyse: Son of Romeの資料
情報元及びイメージ:DualShockers, Gaming Everything, VentureBeat

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.