「Battlefield 4」
ゲーム内に用意されたレンタルサーバ用メニュー

昨日、“Death Shield”バグの修正を含むR33サーバアップデートが配信された「Battlefield 4」ですが、新たに公式Blogが更新され、“Death Shield”バグの修正報告と共に予てから導入が示唆されていたコンソール版のサーバレンタルが開始されたことが明らかになりました。

コンソール版“Battlefield 4”のサーバレンタルは、ゲーム内のマルチプレイヤーメニューに用意された“My Rented Servers”メニューから利用可能となるもので、サーバのロケーションとレンタル期間といった支払い前の選択に加え、ゲームモードやマップのローテーションといった多数の要素がゲーム内から変更可能で、レンタル期間と価格は以下のようになっています。

  • 1日 (1.49ドル)
  • 7日 (6.99ドル)
  • 30日 (24.99ドル)
  • 90日 (59.99ドル)

なお、EAの発表によると、導入当初はレンタル可能なサーバ台数に限りがあるものの、今後は徐々にサーバの増加が図られるとのこと。また、Xbox One版にどうやら不具合があった様子で、既に決済したレンタルサーバはプレイ可能ながら、新規レンタルが一時的に制限される状況となっています。

「Battlefield 4」
4コースのレンタル期間が確認できる
「Battlefield 4」
レンタルしたサーバの設定変更UI
情報元及びイメージ:The Battlefield Blog

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.