「Killing Floor 2」

昨日、大量の新スクリーンショットをご紹介したTripwireの人気Co-opサバイバルホラー続編「Killing Floor 2」ですが、新たに本作の概要やストーリー的な背景を記したプレスリリースが発行され、作品の時系列や舞台、新要素に関する幾つかの具体的なディテールが明らかになりました。

また、先日独占ファーストルックを掲載したPC Gamerが本作の開発を率いる中心人物達のインタビューを公開し、現時点で導入済みの銃が幾つか判明しています。

  • “Killing Floor 2”はPCとSteamOS向けの新作で、発売時期は未定ながらSteam Early Access版がリリース予定。前作と同様に販売もTripwire Interactiveが担当。
  • “Killing Floor 2”は、初代“Killing Floor”中に発生したHorzine Biotech社の事件から1ヶ月が経過し、Specimen(スペシメン)のクローンが至るところにはびこり、通信の分断と政府の崩壊、軍事組織の根絶により秩序を失った世界を舞台としている。
  • 今作のプレイヤーは事態の鎮圧を図る軍の兵士ではなく、人類生存の希望を託し、私的な資金提供を元に民間人と傭兵勢力が結成したアウトブレイクに対する抵抗グループの一員となる。
  • ゴア表現:ジャンルに新しいレベルの迫真さをもたらすTripwireが所有権を持つ持続性の流血システムを特徴とする。
  • ソロプレイと6人プレイヤーCo-opに対応
  • 恐ろしいZed達:初代“Killing Floor”に登場したファンのお気に入り達がより改善かつ拡張されたAIを備え再登場を果たすと共に、新たな敵が導入される。
  • 現代の軍事用アサルトライフルや、残忍な即席武器、クラシックかつ歴史的な銃に加え、マッドサイエンティストな武器など、如何なるゲーマーも満足のいく殺戮ツールの数々と固有のブレンドを特色とする。
  • Perkシステムの拡張:オリジナルのPerkシステムが再考され、異なるプレイスタイルを促進する意味のある選択と進行をもたらす。
  • 近接戦闘システムが完全に再構築され、近接攻撃の種類をプレイヤーがコントロールし、骨を砕くような強力な攻撃をZed達に加えることが可能となった。
  • より多くの開発予算を獲得したことから、フルモーションキャプチャーを用いたリロード用のアニメーション製作が行われた。
  • 現在実装済みの武器として、SCAR 17、AK-12、Bullpup、9mm AR-15が挙げられているほか、Mossberg 500ショットガンの実装が示唆されている。
参考:昨日公開されたティザートレーラー“Transformation”

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.