「Battlefield」

今後改めて実施されるXbox向けのベータテストや、内部データから浮上した新情報など、「Battlefield Hardline」の話題が連日報じられる状況が続いていますが、「Battlefield 4」の第4弾拡張パック“Dragon’s Teeth”に関する続報も待たれるなか、EA StudiosのVPを務めるPatrick Soderlund氏が“Battlefield”フランチャイズの新作展開に言及し、今年の“Hardline”発売はシリーズの年刊化を図るものではないと改めて強調しました。

Patrick Soderlund氏は、Visceral Gamesが開発を手掛けるスピンオフ“Battlefield Hardline”が、あくまで開発に興味を持つスタジオにタイトルの開発をまかせたことから誕生した作品だと強調しており、10年以上前からPatrick Soderlund氏とDICEを率いるKarl-Magnus Troedsson氏の間に警察と犯罪者の対立を描くBattlefieldゲームのアイデアが存在した上、2000年か2001年頃には都市戦にスポットを当てた初期段階のプロトタイプが開発された経緯があり、ここにKarl-Magnus Troedsson氏とVisceralを率いるSteve Papoutsis氏の出会いが重なったことで、“Battlefield Hardline”の誕生に至ったとのこと。

また、3年前にバルセロナで出会い“Battlefield Hardline”の具体的なアイデアを携えやってきたKarl-Magnus Troedsson氏とSteve Papoutsis氏に対し、Patrick Soderlund氏はVisceral Gamesによる新作の開発を認めた上で、スタジオに“Battlefield”タイトルの開発に必要な理解を促すため、“Hardline”始動の前提条件として“Battlefield”用拡張パックの開発を提示したことを明らかにしています。(※ これによりVisceralは“Battlefield 3”の最終拡張パック“End Game”の開発を担当した)

こういった経緯で、そもそもの誕生が年刊化を意識したものではないことが改めて強調された“Battlefield”フランチャイズですが、昨年8月にはブロックバスターシューターのラインアップから“Medal of Honor”を除外したEAが新たなリリースサイクルを提示し、今後は“Battlefield”と“Titanfall”、“Battlefront”のローテーションを主軸とすると明言していました。

情報元:Polygon

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその99
「3コマ:ベテランどばきんを舐めるな」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.