「Killing Floor 2」

今年5月上旬に正式アナウンスが行われ、6月下旬にHorzine Biotech社内部の訓練用に用意された機密映像という設定で新種を含むZed(Specimen)の紹介トレーラーが公開されたTripwireのCo-opサバイバルホラー続編「Killing Floor 2」ですが、先ほど第2弾の“Meet the Zeds”トレーラーが公開され、HuskやSiren、Bloatといった馴染み深いゾンビ達の映像が登場しました。

また、PC Gamerが本作の新たなプレビューを公開し、Zedの四肢切断に絡む過剰なゴア描写システム“MEAT”(Massive Evisceration and Trauma、大量の内臓露出と外傷)やゲームプレイの改善に関する幾つかの興味深いディテールが判明しています。

BloatとGorefast、Stalker、Husk、Sirenを紹介する第2弾紹介トレーラー

■ “Killing Floor 2”のゴア描写と改善に関するディテール

  • “Killing Floor 2”におけるゴア表現システムは“MEAT”と呼ばれ、Zed1体につき19箇所の切断ポイントを持ち、頭部だけで5分割に及ぶ切断が可能。PC Gamerは本作のゴア表現がまるで肉のボーリングのように感じられると説明している。
  • 本作のゲームプレイフッテージはまだ披露されていないが、数ウェーブ分のゲームプレイを見たPC Gamerによると、プレイのペースやゲーム性の基本はオリジナルにかなり近い内容だったとのこと。
  • 従来のゲームプレイを踏襲する一方で、現実に忠実な表現やシステムが非常に印象的だったことが伝えられており、グレネードの炸裂時に飛び散る破片がダイナミックなライティングを反映しながら跳弾し、周辺のオブジェクトを破壊するといった動作や、衝撃や爆発といった物理現象に忠実な反応を見せる死体のラグドール表現が非常にリアルだったと記されている。
  • また、Zed達の四散した死体はかなり長い時間消えずに残り、散らばった四肢をさらに撃つことが出来たとのこと。
  • 近接攻撃に大きな変更と改善が加えられており、左クリックで通常攻撃、右クリックで強力な一撃を繰り出す攻撃の方向をWASDキーにより直接操作可能となっている。
  • 近接攻撃のブロックも可能だが、これは被ダメージを軽減するもので、完全なダメージの無効化には至らない。
「Killing Floor 2」
「Killing Floor 2」
情報元及びイメージ:PC Gamer

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.