「Classic Gaming Expo 2014」
LCD/LEDゲームだけでもこのボリューム

今年で第15回を迎えるクラシックゲームの祭典“Classic Gaming Expo 2014”が本日ラスベガスで開幕を迎え、Game Informerが初日の会場に登場した物凄い出展ラインアップの数々を紹介しています。

“Classic Gaming Expo 2014”は、PongからPlayStationまでカバーするビデオゲーミングの歴史にスポットを当てたイベントで、今年はお馴染み“ET”の発掘ドキュメント“Atari: Game Over”の特別なプレビューや、多数のベンダーやクリエーターが参加するパネルディスカッション、めったに見られないレアなLCDやLEDゲーム、ピンボールマシン、クラシックなビデオゲームを取り揃えた無料のプレイコーナー、イベントの目玉でもあるチャリティーオークションといった多数の取り組みを特色としています。

目が眩むような量の光速船や謎デバイス達、懐かしいLCD/LEDゲーム、可愛らしいレトロなゲームTシャツの数々など、素敵な出展ラインアップの数々は以下からご確認下さい。

「Classic Gaming Expo 2014」
80年代初頭の品と思われるAtariとCommodore VIC-20用のワイヤレスコントローラー、デザインが素晴らしい
「Classic Gaming Expo 2014」
魅惑のVectrex(光速船)コーナー
「Classic Gaming Expo 2014」
こちらは画面に重ねるフィルタを必要としない、カラー版Vectrexのプロトタイプという逸品
Jay Smith氏が開発を進めていたとのこと。
「Classic Gaming Expo 2014」
ゲームカートリッジを含む光速船関連アイテムの山!!!
「Classic Gaming Expo 2014」
綺麗に飾られた光速船本体
「Classic Gaming Expo 2014」
Robert Brownが開発したAtariのビジュアルエフェクトマシン“Atari Video Music”
Devoが“The Day My Baby Gave Me A Surprise”に使用したほか、Daft Punkもこれを利用した
「Classic Gaming Expo 2014」
クールな外観の謎デバイスは“Atari Cat Box”と呼ばれる開発用の機材
Atari社製アーケード基板の50pinハーネスにこれを接続し、様々なテストを行った、素晴らしい!
「Classic Gaming Expo 2014」
大量に展示されたAtariのゲームTシャツ達、とても可愛らしい
「Classic Gaming Expo 2014」
天才マーク・サーニー氏が生んだ名作Marble MadnessのTシャツが……欲しい
「Classic Gaming Expo 2014」
実に素晴らしいフォントとデザインが印象的なAtariのTシャツ
「Classic Gaming Expo 2014」
お馴染みActivisionの古い広告、ロゴが懐かしい
「Classic Gaming Expo 2014」
マテルが82年に発売した“Intellivision II”用のカバー、逆に貴重
「Classic Gaming Expo 2014」
Atari 2600向けのフィットネス用周辺機器、体感ゲームの歴史は深い
「Classic Gaming Expo 2014」
Froggerライク(そのまま)なPreppiesの続編と、Scott Adamsが生んだ初期Adventurelandのサンプル
「Classic Gaming Expo 2014」
2012年にはリメイクの話題も報じられた“ToeJam & Earl”(91年)のデザインドキュメント
「Classic Gaming Expo 2014」
コレコ失墜の要因ともなったホームコンピューター“Coleco ADAM”
「Classic Gaming Expo 2014」
On Commandが販売していたホテル用の有料ビデオゲームシステム“SpectraVision”
「Classic Gaming Expo 2014」
Atari 2600用のゲームカートリッジを複数装填し、任意のゲームをプレイ可能なチェンジャー系の周辺機器
「Classic Gaming Expo 2014」
パックマンヨーヨーとSpaceAceの時計、とても可愛らしい
「Classic Gaming Expo 2014」
謎のソニックTシャツ
「Classic Gaming Expo 2014」
マテルが販売していたD&Dの電子ゲーム、複数人でプレイ可能なダンジョン探索ゲーム
プレイヤーのコマを盤面上で移動させ、電子音で再生される壁と通路の情報を元に探索し戦闘を楽しむ
「Classic Gaming Expo 2014」
ワイルドなハルクの電子ゲーム、バンダイ製
「Classic Gaming Expo 2014」
宝の山が並ぶ携帯LCD/LED/電子ゲームコーナーの一角
「Classic Gaming Expo 2014」
80年代に国内でも販売されたLCDゲーム、ドンキーコングとパックマン……ではない
「Classic Gaming Expo 2014」
コレコのオフィシャルなパックマンLEDゲーム、パックマンのデザインがおかしい
「Classic Gaming Expo 2014」
1981年にEntexが発売したPacMan2
「Classic Gaming Expo 2014」
コレコのパックマン筐体、操作パネルの中央にも描かれた謎パックマンが可愛い
情報元及びイメージ:Game Informer

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.