「EverQuest Next」

2013年8月に行われた正式なお披露目を経て、Voxelモデルの建築要素のみを抽出したF2Pタイトル“EverQuest Next Landmark”(現:Landmark、今年3月末に混乱を避けるため独立した作品として名称が変更された)のアルファ版が配信され、これを利用した種族別のワークショップ企画など、多数の取り組みが進められていた人気MMORPGシリーズ最新作「EverQuest Next」ですが、新たにSOEがプレイヤーの行動によって動的に変化するゲーム世界のシステムについて紹介する30分弱の配信映像を公開しました。

今回の配信は、EQNのリードコンテンツデザイナーSteve Danuser氏と、本作が採用したAIツールStorybricksのリードデザイナーStephan Bura氏が解説を行ったもので、従来の繰り返しプレイするスタティックなアクティビティ/クエスト構造に対して、プレイヤーの行動や選択の蓄積がゲーム世界の勢力図やNPCの行動に動的な変化を与える様子(※1)や、プレイヤーの探索や勢力間の衝突、選択、行動によって紡がれるプレイヤー自身のストーリーを記録した魔法の大冊“Rohsong”といった非常に野心的なアイデアに加え、Dark Elfの拠点となる街の様子など、非常に興味深いフッテージと解説が確認できます。

(※1 勢力拡大を狙うKoboldが金品の豊かな地域を狙って襲う行動や、対立するDark ElfとDryad勢力の軋轢と戦闘、バランスを軸に、プレイヤーの荷担が生じさせる勢力図の変化、さらに第3勢力の登場によってDryadがKithicorの森周辺から完全に姿を消すといった大規模な変化をシミュレーションとして提示している)

「EverQuest Next」
プレイヤーの行動サイクルが異なるNPCグループに動的な変化を与える
情報元:PC Gamer, DualShockers

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.