「Electronic Arts」

本日、Electronic Artsが2015会計年度第2四半期の業績報告とカンファレンスコールを実施し、年末の業績予想を大きく超え、非GAAP収益が前年同期比で17%増となる12億2,000万ドルに達したことが判明。さらに、コンソール向けのデジタル販売が前年同期比で95%増もの成長を記録し、本会計年度の総利益におけるデジタル販売と小売り販売の内分けが遂に逆転するといった興味深い状況が浮上しています。

EAの2015会計年度第2四半期は、前述した通り非GAAP収益が前年同期比で17%増となる12億2,000万ドル(予測は11億4,000万ドル)に、GAAP収益は前年同期比で42%増となる9億9,000万ドル(予測は9億6,500万ドル)を記録し、当初損失を予定していたGAAP方式の純利益が黒字に転じる結果となっています。

また、デジタル販売全体の収益は前年同期比で30%増の成長を記録。中でもコンソール向けのデジタル販売が前年同期比で95%増に及ぶ成長を果たしており、特に次世代コンソールの登場に伴うフルゲームのダウンロード販売が大きな伸びを見せていることが明らかになりました。(※ PC/その他分野は前年同期比6%増、モバイルは前年同期比11%増)

「Electronic Arts」
デジタル販売におけるプラットフォーム別の内分け
コンソールが大きな成長を果たしている
「Electronic Arts」
デジタル販売におけるタイプ別の売上げは、フルゲームのダウンロード販売が大きく成長
広告やサブスクリプションカテゴリの変化も興味深い

さらに、前述した好調な業績によって上方修正された“FY15における新たな非GAAP収益予測値、41億7500万ドル”のデジタル販売と小売り販売の内分けが遂に逆転する事態となっていることが判明。2012年8月にピーター・ムーア氏が数年の内に起こるだろうと予言していたデジタル販売とリテール販売の逆転が僅か2年で現実となる興味深い状況となっています。

「Electronic Arts」
EAが発表した会計年度別のデジタルと小売りの収益比
今会計年度で遂にデジタル販売が小売りのパッケージ販売を上回る
情報元:Joystiq, Game Informer

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.