「Volume」

先日、パフォーマンスキャプチャーの名優として知られるアンディー・サーキスの起用をご紹介したMike Bithell氏の新作ステルスアクション「Volume」ですが、新たに氏が傑作“Thomas Was Alone”の誕生やゲームメカニクスを振り返りつつ、新作“Volume”の開発や本作のベースとなっているロビン・フッドについて語る素敵なインタビュー映像が公開されました。

来年のリリースを予定している“Volume”の未公開フッテージやアセット、アートワークに加え、主人公Robert LocksleyとDanny Wallace氏が演じるAIの会話シーンなど、来る新作の興味深い映像を多数収録したインタビューは以下からご確認下さい。

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.