「Due Process」

Ubisoftが開発を手掛ける新作“Tom Clancy’s Rainbow Six Siege”の登場によって、改めて再興に期待が掛かる状況となっているクラシックなタクティカルシュータージャンルですが、新たにPolygonが“SWAT”や“Rainbow Six”に強い影響を受けたGiant Enemy Crabの初タイトル「Due Process」を14分に渡ってプレイした映像を公開。極めて初期段階のアルファビルドながら、非常に楽しいゲームプレイを実現している本作の仕上がりに注目が集まっています。

“Due Process”は、DigiPen時代に開発を手掛けたCo-opアーケードシューター“Super Space ____”(※ IGF 2013のデザイン部門ファイナリスト)や、カジュアルな4人Co-opアクションゲーム“Grand Theft Flying Object”といった作品を生んだAlexander Baard氏がゲームデザインとプログラマを務める新作で、犯罪者の隠れ家を舞台に展開する警察チームと犯罪者チームによる4vs4戦と、戦闘開始前に用意されたチーム別のダイナミックなプランニングフェーズに加え、ブリーチングチャージやライオットシールド、ナイトビジョンといった馴染み深いガジェットを特色とすることが報じられています。

アセットこそ荒削りなプレースホルダばかりですが、非常にシンプルなプランニング用インターフェースや十分な情報が確認できるマップビュー、ペースの早い銃撃戦など、今後の仕上がりに大きな期待が掛かる“Due Process”の実に楽しそうなゲームプレイ映像は以下からご確認下さい。

参考:昨年6月に公開されたアルファトレーラー、リリースは2015年後半予定
Polygonの面々が参加した非常に楽しそうなゲームプレイ映像
参考:昨年8月に公開されたLANパーティ映像パート1
参考:LANパーティ映像パート2
参考:プリミティブな現在のキャラクターを差し替える警察官の3Dモデル
「Due Process」
「Due Process」
「Due Process」
「Due Process」
「Due Process」
情報元及びイメージ:Polygon, dueprocess.info

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその99
「3コマ:ベテランどばきんを舐めるな」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.