「Brothers: A Tale of Two Sons」

2013年8月にローンチを果たし、Josef Fares氏の非常にプライベートな思いを詰め込んだ忘れがたいストーリーテリングが高く評価され、その年を代表する1本となったStarbreezeの傑作「Brothers: A Tale of Two Son」ですが、本日Starbreeze ABが本作のパブリッシャーを務めた505 Gamesとの提携を発表し、505がBrothersのIPを50万ドルで購入したことが明らかになりました。

発表によると、IPの売却は“Brothers”を十分に育むことが出来る505に権利を譲ることで、Starbreezeが“Payday”フランチャイズによって確立されたコンセプトとデザインの拡張(※ 新たな4人Co-opシューター“Overkill’s The Walking Dead”や、宇宙版Paydayと言われるプロジェクト“Storm”を指すと思われる)に注力することを目的に行われたもので、Starbreeze ABのボスBo Andersson Klint氏は、505が今後も“Brothers”IPを手掛け続けるだろうと説明していることから、既に新作の計画を進行しているのではないかと注目を集めています。なお、リリースによると“Brothers: A Tale of Two Son”の累計販売は80万本を突破しているとのこと。

余談ながら、“Brothers: A Tale of Two Son”を生んだスウェーデンの映画監督Josef Fares氏は、Brothersの主要な開発者を擁する新スタジオ“Hazelight Studios”を設立(現在はDICEのスタジオに間借り中)し、EAが初タイトルのパブリッシャーを務めることが報じられていました。

情報元:Joystiq

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその99
「3コマ:ベテランどばきんを舐めるな」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.