「Spooky Poo's HAPPY HELL」
メロイックサインを掲げ地獄をひた走るSpooky Poo

先日、KickstarterにてN64時代のプラットフォーマー作品を思わせる変なネコが主人公のアクションゲーム「Spooky Poo’s Happy Hell」が1万3,666ドルの悪魔的な開発資金を獲得を目指すキャンペーンを開始し、便利な棒状の鼻を持つネコ“Spooky Poo”のアートワークやアクション、Joe Sparks作品に思わせる可愛らしい世界観を紹介する複数のゲームプレイ映像が登場しています。

Kickstarterキャンペーン用のプロモーション映像
プレアルファ段階のプロトタイプをプレイしたインゲームフッテージ
こちらもプロトタイプのフッテージ、プーのモーションが非常に可愛らしい

“Spooky Poo’s Happy Hell”は、半年前に悪魔と契約しサタンの支援を得てスタジオを設立したと語る10年のキャリアを持つDigiPen出身の開発者Polygonzo Trismegistus(※ 本名はJim Burner氏)がほぼ1人で開発を進めているプラットフォーマーアクションゲームで、望みを楽に叶えるために悪魔に魂を売るネコ“Spooky Poo”が地獄の深部を目指す物語を描くほか、それぞれに異なる目標の達成手段を用意した9レベルの環境や“Spooky Poo”が手に入れる様々な魔法の力を特色としています。

なお1万3,666ドルの初期ゴールは、年内のPC版ローンチに向けて9ヶ月間のフルタイム開発に必要な資金の獲得を目指すもので、ローンチに向けた2ヶ月おきの開発ロードマップが提示されているほか、16,000ドルのマルチエンディングや39,000ドルの凄い地獄、66,000ドルから79,000ドルに掛けて用意したWii UやPS4対応がストレッチゴールとして用意されており、悪魔に魂を売り渡したPolygonzo氏とSpooky Pooの行方に注目が集まる状況となっています。(※ 現在4,000ドルを調達済みで、Steam Greenlightも登録済み)

「Spooky Poo's HAPPY HELL」
ややRadiskullっぽいサタン様
「Spooky Poo's HAPPY HELL」
獣の数字を装備し回転攻撃する鼻やプロビデンスの目まで使いこなすプー
「Spooky Poo's HAPPY HELL」
「Spooky Poo's HAPPY HELL」
「Spooky Poo's HAPPY HELL」
「Spooky Poo's HAPPY HELL」
「Spooky Poo's HAPPY HELL」
「Spooky Poo's HAPPY HELL」
悪魔に魂を売りトリスメギストスの名を手に入れた開発者Polygonzo Trismegistus氏
情報元及びイメージ:Destructid, Steam, Kickstarter

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその99
「3コマ:ベテランどばきんを舐めるな」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.