「Crowfall」

かつて“Ultima Online”や“Star Wars: Galaxies”、“Star Wars: the Old Republic”の製作総指揮を務めたベテランGordon Walton氏と“Shadowbane”のクリエイティブディレクターを務めたJ. Todd Coleman氏が設立した新スタジオ“ArtCraft Entertainment”が2月26日に新作MMO「Crowfall」のKickstarterキャンペーンを開始し、僅か4日で初期ゴールの80万ドルを超える93万5,000ドルもの資金調達を果たし、大きな注目を集めています。

MMOジャンルのベテランに加え、初期UOの開発に多大な影響を与えたRaph Koster氏がデザインコンサルタントとして参加する“Crowfall”は、永久に生きるキャラクターと、プレイヤーの選択によって滅亡する可能性を持つ世界が複数同時に存在する多重世界を舞台とするMMO作品で、プレイヤーが消滅の可能性を持つ多重世界を移り変わりながら従来のMMO的なゲームをプレイする一方で、永久に存続する唯一の世界“Eternal Kingdoms”でプレイヤー経済とプレイヤー間の勢力争いによって駆動するストラテジー要素(※ プレイヤーは“Eternal Kingdoms”の資源を獲得するため、消滅する可能性を持つ“Realm”を旅する)を特色とする“ゲーム・オブ・スローンズ”的な世界と“Eve Online”を組み合わせたような意欲的なMMO作品で、既に動作する開発ビルドが存在しており、ゲームのコアモジュール開発に必要な初期ゴール80万ドルの獲得を目指していました。

非常に野心的な要素を特色とする“Crowfall”ですが、開発を率いるGordon Walton氏は、コミュニティの圧倒的な反応に困惑し驚いていると語り、“Crowfall”を支えるビジョンがオーディエンスに届くことを望んでいたものの、これほど早い段階で目標を達成するつもりはなかったと説明しており、開発者でさえ驚く好評ぶりにストレッチゴールの設定も追いつかない状況となっています。

参考:“Crowfall”のKickstarterキャンペーン用プロモーション映像
  • “Crowfall”は、プレイヤーである不死のチャンピオンが永遠に続く神々の戦争(ストラテジーパート)を戦い抜くために、プレイヤー間の戦いによって消滅する複数のキャンペーン世界“Realm”(1つのRealmが1サーバ上で展開するMMOキャンペーンパート)を旅するダイナミックな展開を特色とする。
  • キャンペーン世界“Realm”は、勝利条件が満たされることによって、およそ1ヶ月から3ヶ月程度で消失する。“Realm”には春夏秋冬に分けられる動的な変化を特色とし、プロシージャルシステムによってゲームの展開と季節に応じてその様相が大きく変化し、冬の終わりと共に勝者が宣言され、その世界は永久に多重世界から消失する。
  • プレイヤーキャラクターは多重世界の1つが消失しても失われず、次なるキャンペーン世界に身を投じ、ストラテジーパートが展開する“Eternal Kingdoms”世界のために様々なリソースの獲得を目指す。
  • “Realm”の世界はVoxelFarmを採用したボクセル方式でプロシージャル生成されており、世界に存在する全てのオブジェクトが破壊可能となっている。
  • “Realm”のシーズン開始時(春)は、未到達のエリアが“Fog-of-War”に覆われ、危険な怪物や廃墟、遺跡、最も危険な存在“他のプレイヤー”といった要素に充たされた世界を探索しながら、武器やアーマーを生産し、拠点の安全を確保し、同盟を作り上げ領域の征服を目指す。
  • また“Realm”世界の勝利条件は、参加可能な種族やFFA、プレイヤーギルド同士の戦い、神々の戦い、獲得可能な資源の量、サバイバルの困難さ、領域内におけるプレイヤーの死亡とリスポーン設定、他のプレイヤーを殺害した場合におけるアイテム略奪の有無など、“Realm”毎に異なるゴールが用意される。
  • それぞれの“Realm”世界は“石”と“鉄”、“木材”の資源が獲得可能で、これらの資源は永久に存続する一方で全く資源を生み出さない“Eternal Kingdoms”世界のリソースとして用いられる。
  • 永続する神々の“Eternal Kingdoms”世界は、“Order”と“Balance”、“Chaos”の3勢力が争っており、プレイヤーはこの何れかに所属する。
  • “Realm”間を旅するプレイヤーキャラクターには、深いカスタマイズが用意されており、基本クラスの役割を果たす“Archetype”をベースに分化する、バリエーション豊かなビルドが構築可能となっている。
「Crowfall」
新たにアナウンスされたストレッチゴール2つ
「Crowfall」
開発を率いるMMOジャンルのベテランGordon Walton氏とJ. Todd Coleman氏
「Crowfall」
ユニバースの外周部に“Eternal Kingdoms”が存在する
内周に近い“Realm”ほどハイリスクハイリターンなキャンペーン世界となる
「Crowfall」
プレイヤーが作成可能なプレイアブルなヒーロー達
「Crowfall」
アーキタイプの例、タンクなテンプラー
「Crowfall」
アーキタイプ“ナイト”の成長分化
「Crowfall」
“Crowfall”のコアモジュール、マルチプレイヤーと多重世界、永続性
「Crowfall」
12種のアーキタイプとカスタマイズ、1アカウント当たり3体のキャラクターが作成可能
「Crowfall」
ボクセル方式でプロシージャル生成された世界、全てが破壊可能
「Crowfall」
PvPだけでなく、PvEも存在する戦闘、環境を破壊する能力も登場する
「Crowfall」
調合や生産といった要素も存在する
「Crowfall」
プレイヤーが所有する領域を巡って戦うストラテジー世界“Eternal Kingdoms”
「Crowfall」
“Eternal Kingdoms”の支配に応じて、プレイヤーが“Realm”のルールを制定可能
情報元及びイメージ:IGN, IGN, GameSpot, Kickstarter, Kickstarter

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.