「Steamコントローラー」

先日、GDC 2015の開幕に併せて、49.99ドルの価格と11月発売決定が報じられたValveの「Steamコントローラー」ですが、現在開催中のGDCイベント会場では予告通りコントローラーの最終デザインが出展されており、昨年12月中旬にSteamクライアントから発掘されたレイアウトが事前情報通り最終レイアウトだったことが判明。さらに、会場で最終デザインのコントローラーを撮影した多数の写真と幾つかのインプレッションが登場しています。

“Steamコントローラー”の最終デザインは、D-padのエッチングを片方に施した2つのタッチパッドと、背面の両サイドに用意され中指で押せるバンパー、両サイドの肩に2つずつ用意されたトリガー、Xboxスタイルのフェースボタン4種、アナログスティック、正面上部に用意されたコントロールボタン3種を備えたもので、GDC会場では“The Talos Principle”や“Counter-Strike: Global Offensive”、新生“Unreal Tournament”といった作品がコントローラー用のデモとして出展されていたとのこと。

また“Steamコントローラー”を使用する際は、いつでもSteamのオーバーレイを表示し、タッチパッドのフィードバックやボタンマッピングの調整が可能となっているほか、タイトルによっては右側のタッチパッドがいわゆるトラックボール的な機能を果たしていたことが報じられています。

以前のモデルを使用したハンズオンでは、タッチパッドに調整が必要だと評された“Steamコントローラー”ですが、製品版はアナログスティックを搭載したこともあり、タッチパッドは新たに慣れるまで使用するに値するポテンシャルが感じられたとのこと。また、Ars Technicaは4つのフェースボタン(A/B/X/Y)がやや小さく感じられたと報告しています。

「Steamコントローラー」
オーバーレイで表示されるコントローラーの設定画面、全体的なマッピングが確認できる
「Steamコントローラー」
右タッチパッドの設定、入力スタイルやトラックボールモード、感度、クリック等の設定が可能
「Steamコントローラー」
さらなる右タッチパッドの詳細設定、加速やスムーシング、反転といった設定が可能
「Steamコントローラー」
最終デザインの“Steamコントローラー”、レイアウトが大きく変化した
「Steamコントローラー」
背面の両側に用意された大きなバンパーボタン
「Steamコントローラー」
「Steamコントローラー」
「Steamコントローラー」
「Steamコントローラー」
「Steamコントローラー」
「Steamコントローラー」
「Steamコントローラー」
「Steamコントローラー」
情報元及びイメージ:Ars Technica, Polygon

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.