「Pillars of Eternity」
ドラゴンの成長において成体に近い段階にある“Drake”
今回ご紹介する画像は全て原寸大のイメージにリンクしてあります

先日、第1弾拡張パックの開発も始動し、3月26日のローンチがいよいよ目前に迫るObsidianの大作RPG「Pillars of Eternity」ですが、主要な開発者達が集うPAX Eastパネルの開催を控えるなか、公式フォーラムにて本作に登場するドラゴンのスクリーンショットとその生態に関するディテールが公開されました。

今回は段階を経て成長するドラゴンを紹介するイメージに加え、都市部や屋内の様子を写した3枚の新スクリーンショットをまとめてご紹介します。

  • “Pillars of Eternity”の舞台となるEora世界のドラゴンは幼生から知的な成体まで、3段階の成長を遂げる。
  • Wurm:ドラゴンの幼生はWurmと呼ばれ、知性を持たないが利口で狡猾な存在で、幼生と成体の中間にあたるDrakeに成長するためには広い空間と多くの食物を必要とし、その多くがWurmを超えて成長することはない。また、付近にドラゴンの成体やDrakeが存在する場合は成長せず、Wurmが成長するためにはまだドラゴンが存在しない土地を新たに見つけ出す必要がある。
  • Drake:DrakeはWurmと成体であるドラゴンの中間にあたる存在で、大きな胸部と長い胴体、鋭い牙を持つ。Wurmがネコに近い知性を持ち、ドラゴンが人間よりも遥かに知的である一方で、Drakeはその体躯と同じく両者の中間に近い知性を持ち、好戦的な霊長動物として知られる。また、ドラゴンへの成長を踏み出していることから、亜種が存在しその特徴がそれぞれに異なる傾向にある。バリエーションは色や頭部、口、背骨、こぶ、翼などに見られ、居住している地域の気候や地勢に影響され、その支配領域を積極的に防衛する傾向を見せる。また、Drakeは特有のブレスを吐き敵を攻撃し、電気や酸、蒸気といった属性が付与されるとのこと。
  • Dragon:ライフサイクルにおいて、最盛期に達した成体がDragonと呼ばれ、既に自身の支配領域を持ち、他のドラゴンやDrakeの脅威に直面する機会がないことから、より保守的で不必要な衝突を好まない性質を持つ。ドラゴンのみが他の存在と共生可能で、この段階に達すると初めてその個体に性別が生じる。しかし、周囲の個体群の性が偏りすぎる場合には、個々のドラゴンが自ら自身の性別を変化させることが可能。この段階に達する個体は非常にまれで、そのほとんどが他の動物よりも優れた知性を持つが、孤独を好み他者との対話を好まない。

余談ながら、Chris Avellone氏やJosh Sawyer氏、Tim Cain氏といった主要な開発者達が集うPAX Eastの“Pillars of Eternity”パネルは3月7日EST午後4時30分(日本時間の3月8日午前6時30分)から1時間に渡って行われ、本作の特別なプレビューやQ&Aセッションが実施される予定となっています。

「Pillars of Eternity」
ドラゴンの幼生“Wurm”
「Pillars of Eternity」
成体となり優れた知性を持つ美しいドラゴン
「Pillars of Eternity」
「Pillars of Eternity」
「Pillars of Eternity」
情報元及びイメージ:Obsidian Forum Community, Obsidian Forum Community

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその99
「3コマ:ベテランどばきんを舐めるな」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.