「Batman: Arkham Knight」

6月23日の海外ローンチが目前に迫るなか、昨日遂にレッドフードのゲームプレイフッテージを収録したGameStopの広告映像が登場した「Batman: Arkham Knight」ですが、新たに公式Facebookにて幾分か小綺麗だった前作から大きく外観が変化したリドラーのレンダーイメージを描いたキャラクターアートが公開されました。

今回はここ数日に渡って公開が続いていたナイトウィングとロビン、キャットウーマンの新たなイメージに加え、来月9日から開催されるSDCCイベント限定カラーのPLAYARTS改版“バットマン”の外観、さらに先日公開された第4弾の開発映像から判明した“New Game Plus”の仕様を含む幾つかの新情報をまとめてご紹介します。

  • 開発映像に登場したSefton Hill氏によると、Batman: Arkham Knightの“New Game Plus”(※ メインストーリーの初回クリア後に解除)は、前作と同様に解除済みのガジェットが使用可能となるほか、リドラートロフィーの取得も複数のプレイスルーを通じて共有される。
  • Sefton Hill氏によると、本作には全体に渡ってロードスクリーンが一度も登場しないとのこと。氏はこの取り組みがRocksteadyにとって重要な要素だったことを強調している。
  • Batman: Arkham Knightのバットモービルは、EMP武器を搭載するほか、ドローンを無力化するドローン用のウィルス兵器を搭載している。
「Batman: Arkham Knight」
「Batman: Arkham Knight」
「Batman: Arkham Knight」
「Batman: Arkham Knight」
「Batman: Arkham Knight」
SDCC会場で販売される限定カラーのArkham Knight版PLAYARTS改バットマン
北米公式ストアにて99.99ドルで予約の受付も行われている
「Batman: Arkham Knight」
「Batman: Arkham Knight」
「Batman: Arkham Knight」
「Batman: Arkham Knight」
情報元及びイメージ:Game Informer, GameSpot, Facebook

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその114
「3コマ:解除したのに」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.