「We Happy Few」

2013年11月に影を利用した独創的なパズルプラットフォーマー“Contrast”を発売したモントリオールのインディーデベロッパ“Compulsion Games”が開発を進めている新作「We Happy Few」が、昨日予定通りKickstarterキャンペーンを開始し、25万カナダドルの資金調達を目指すことが明らかになりました。

“We Happy Few”は、薬物によって幸福を市民に強いるユートピア“Wellington Wells”を舞台に、ダウナーな主人公がアッパーな薬物で躁と鬱のレベルを適度に調整しながら恐ろしいディストピアからの脱出を図るという独創的すぎる一人称視点のサバイバルストラテジーパズル作品で、60年代風のレトロフューチャーなデザインやプロシージャル生成されるマップ、Compulsionらしい素敵なアートスタイルが話題となっていました。

また、Kickstarterの始動に併せて、多数のTVドラマやビデオゲームの出演で知られる俳優Julian Casey扮するユートピアWellington Wellsの人気ホスト“Uncle Jack”が本作のクリエイティブディレクターGuillaume Provost氏にインタビューを行い、都合の悪い事実を全て笑ってごまかす小芝居と多数のインゲームフッテージを収録したプロモーション映像に加え、新ビルドのゲームプレイが確認できる16分強のプレビュー映像、3人の候補から選択可能な主人公“ダウナー”を含む数点の未公開アートワークが登場しています。

Julian Caseyの名演が光る素敵なプロモーション映像、ゲームプレイやスタジオ内部の様子も
参考:今年2月に公開された不穏なアナウンストレーラー
16分強のプレビュー映像
「We Happy Few」
“We Happy Few”の世界観を分かりやすく描いたアートワーク
「We Happy Few」
プレイヤーとなる3人のダウナー達
「We Happy Few」
「We Happy Few」
「We Happy Few」
「We Happy Few」
「We Happy Few」
「We Happy Few」
「We Happy Few」
情報元及びイメージ:Kickstarter, Polygon

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその111
「言葉のチョイスはそれでいいのだろうか」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.