「Everybody’s Gone to the Rapture」

かつて2012年7月にPC向けの新作としてアナウンスされ、世界が終わる最後の1時間を何度も繰り返しプレイする興味深いゲーム性が話題となり、その後2013年にPS4専用タイトルとして再アナウンスされたThe Chinese Room(元thechineseroom)の新作「Everybody’s Gone to the Rapture」ですが、先ほどPlayStation.Blogにて本作の発売日決定が報じられ、8月11日に海外ローンチを果たすことが明らかになりました。

PS4版“Everybody’s Gone to the Rapture”は、所謂ジョン・ウィンダム的なテーマの黙示を描いたPC版の設定から一転、31年前に終わりを迎えた世界にひっそりと佇むイギリスの架空の町“Yaughton”に残された過去の記憶を探索する作品となったことが報じられていました。

また、発表に併せて美しい天文台を映した新トレーラーが公開された他、スタジオのコンポーザーJessica Curry女史が作曲を手掛けた本作の新たなサウンドトラック“All of My Birds”の音源が登場しています。

“Everybody’s Gone to the Rapture”の発売日決定トレーラー

Jessica Curry女史の素晴らしい新曲“All of My Birds”
情報元:PlayStation.Blog

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその114
「3コマ:解除したのに」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.