「Rainbow Six Siege」

gamescomの開催に併せて、アルファのフィードバックに基づく多彩な改善や調整に関するディテールがアナウンスされた「Tom Clancy’s Rainbow Six Siege」ですが、新たに本作の開発を手掛けるUbisoft Montrealが予てから掲げてきた本作のマルチプレイヤーに対するコンセプトや、競技性の高いゲームプレイを実現する様々な取り組みにスポットを当てる第4弾の開発映像“Competition”が公開されました。

開発中と思われる未発表マップや未見のアセットも確認できる最新映像は以下からご確認ください。

「Rainbow Six Siege」

こちらは、映像に用いられたマルチプレイヤーの柱となる4つのコンセプト(低レイテンシと入力ドリブン、Dedicatedサーバ、対戦のバランスと公平さ)をまとめたイメージですが、Ubisoft Montrealは予てからこれらの要素を本作のストリクトな大原則として掲げており、より細かなデザイン原則を“Golden 3C Rules”と銘打ち発表していました。入力ドリブンの詳細を含むこのルールの内容については過去記事にまとめてありますので、“Rainbow Six Siege”のマルチプレイヤーが目指すメカニクスに興味がある方は一度チェックしておいてはいかがでしょうか。

『クロワルール・シグマ』パッケージ版3月9日発売決定!

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその102
「3コマ:行き止まりに宝箱!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.