「Lionhead Studios」

かつてBullfrogのリードアーティストとしてモリニューを支え、Muckyfoot Productions時代にはGMとして“Urban Chaos”や“Startopia”といった作品を手掛けた「Lionhead Studios」のベテランGary Carr氏が12年在籍したスタジオを新たに退職したことが明らかになりました。

これは、MicrosoftがGameSpotの確認に応じ明らかになったもので、MicrosoftはLionheadが現在“Fable Legends”の開発にフォーカスしていることを強調した上で、“Fable: The Journey”や“Milo & Kate”、“The Movies”の開発を率いた氏が既に退社したことを明言。氏が次に取り組むベンチャーの成功を望んでいるとエールを送っています。

“Lionhead”のクリエイティブディレクターとを務めたGary Carr氏は、Lionhead内部で新IPやプロトタイプを創出するギルフォードのインキュベーションチームを率いた人物で、昨年9月にはLionhead内部で例年行われている開発企画“Lionhead Creative Day”(※ 全ての開発をストップし、2日間に渡って開発者が作りたいゲームのプロトタイプを開発し、3日目にプレゼンテーションを行うゲームジャム)から生まれた可愛らしいアドベンチャー作品“InkQuest”(※ キャンセル済み)をチームの事例として紹介していました。

情報元:GamesIndustry, GameSpot

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその106
「4コマ:4回やってもこうなった」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.