「Alan Wake 2」

Game Informer誌12月号の表紙を飾り、ドラマパートとゲームプレイの具体的な構成や主要キャラクターの概要、時間にまつわるゲームプレイのメカニクスなど、多数の新情報を含む特集記事が掲載されたRemedyファン待望の新作“Quantum Break”ですが、本日Game Informerが特集の一環としてお馴染みSam Lake氏が100の質問に次々と答えるQ&A映像を公開(※ Q&A映像はリンク先でご確認下さい)。Sam Lake氏が「Alan Wake 2」登場の是非に力強く“イエス”と回答し注目を集めています。

これは、「いつか“Alan Wake 2”をプレイできる日が来るでしょうか」という質問にSam Lake氏が“イエス”と答えたもので、今のところ具体的な見通しやディテールに関する情報は明らかにされていません。

また、別の質問に答えたSam Lake氏は“Quantum Break”のPC対応を実現したいとも語っており、Xbox One版“Quantum Break”ローンチ後の取り組みに注目が集まる状況となっています。

なお、件の“Alan Wake 2”については、以前にもご紹介した通り2010年に続編の開発が実際に進められていた経緯があり、複数存在したプロトタイプの1つを撮影した14分のプレイ映像が登場していたほか、今年8月にGameReactorのインタビューに応じたSam Lake氏が“Alan Wake続編に対する夢はあきらめていない”と語り話題となっていました。

今年4月に公開された“Alan Wake 2”プロトタイプのプレイ映像(参考:過去記事

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその114
「3コマ:解除したのに」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.