「Star Wars Battlefront」

本日、シーズンパスに同梱される追加コンテンツのラインアップがアナウンスされた「Star Wars Battlefront」ですが、11月17日の海外ローンチと19日の日本語版発売がいよいよ目前に迫るなか、新たに公式サイトが更新され、先だって行われた大規模なオープンベータのフィードバックを元に改善・調整された幾つかのディテールが明らかになりました。

また、本作のシニアプロデューサーJamie Keen氏がEurogamerのインタビューに応じ、予てから調整が予告されていた惑星ホスのウォーカーアサルトについて具体的な変更の概要を提示しています。

  • パートナーとパーティシステム:“Star Wars Battlefront”を友人と共にプレイし参加することは、できる限り容易でスムースに進められるべきであり、製品版にはこの機能に関する幾つかの調整が加えられている。例として、Xbox Friendsアプリ経由でフレンドに参加できるほか、ゲーム中のパーティフレンドがグリーンのドットでマップ上に表示される。ただし、スポーンは出来ない。
  • スポーンについて:オープンベータのホスにおけるスポーンについて多くフィードバックを得たことを受け、スポーンキャンプを緩和すべく、反乱同盟軍と帝国軍にそれぞれ異なる戦闘エリアを設けた。また、2チーム間のスポーン距離は最初のアップリンクに調整された。
  • ビークルと武器:戦いをできる限り楽しく公平なものにすべく、ビークルと武器に幾つかの調整が加えられた。例えば、(ベータで強力だった)Cycler Rifleは弾丸の落下や弾丸スピードの低下といった調整が適用されている。また、AT-ATとAT-STは依然強力な存在ながら、弱点が追加された。さらにビークルと兵士、スターカード、イオン武器間のダメージバランスについても調整が加えられている。
  • ヒーローとヴィランについて:DICEはルーク・スカイウォーカーやダース・ベイダーを筆頭に、“Star Wars Battlefront”においてヒーローもしくはヴィランをプレイすることは真に特別な体験だと感じられるよう望んでおり、これを達成するために幾つかの調整が加えられた。具体的な2つの変更として、ヒーロー/ヴィランに対して時間と共に適用される体力の自動減少と、敵を殺害した場合にヘルスを回復する能力が廃止された。
  • ホスのウォーカーアサルトについて:オープンベータの開催時、惑星ホスのウォーカーアサルトモードにおける反乱同盟軍の勝利が困難すぎるとして議論が紛糾し(※ 一部では原作通りと受け取り喜ぶファンも少なくなかった)、DICEがバランス調整を図ると明言していたが、これについてJamie Keen氏がEurogamerのインタビューに応じ、(ビークルのバランス調整項目にて前述した通り)AT-ATとAT-STに弱点を設けたことにより、これらを前線とすることが必ずしも問題ではなくなったと説明。加えて、様々な武器間のダメージレベルやウォーカーに対するイオンバーストの調整など、ホスのみに留まらず全面的なバランス調整を適用したことをアピールしている。

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその103
「5コマ:よし!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.