「Rainbow Six Siege」

新オペレーターや専用スキンを同梱するシーズンパスや初年度のロードマップがアナウンスされ、12月1日の海外ローンチに大きな期待が掛かる人気シリーズ最新作「Tom Clancy’s Rainbow Six Siege」ですが、新たにUbisoftが来るローンチに先駆けて行われるオープンベータテストの実施をアナウンス。11月25日から29日の5日間に渡って幾つかの新コンテンツを含む最終テストに臨むことが明らかになりました。

「Tom Clancy’s Rainbow Six Siege」オープンベータテストの実施について

  • オープンベータテストの実施は11月25日から11月29日まで。
  • 11月23日にプリロードが開始されるほか、クローズドベータテストに参加した全てのプレイヤーに24日からオープンベータがプレイできる24時間の先行アクセスが適用される。
  • 今回のオープンベータは、主にマッチメイキングとオンラインインフラのテストにフォーカスしたもので、オープンベータ中のプレイデータは製品版に持ち越されない。
  • オープンベータにてプレイ可能なオペレーターについて:新たにスペツナズチームのスナイパー“Glaz”と設置可能なマシンガンを使用する“Tachanka”、レーザー方式のトリップワイヤートラップを使用する“Kapkan”を含む14人のオペレーターが使用可能。(クローズドベータで使用可能だったスペツナズの“Fuze”は製品版で改めて使用可能となる)
  • オープンベータのゲームモードについて
    • 対戦マルチプレイヤー(PvP):ランクド、非ランクドモード共にプレイ可能。ランクの進行は製品版に持ち越されない。“TDM Secure Area”と爆弾の無効化と防衛を争う“TDM Bomb”がプレイ可能。
    • テロリストハント(PvE):クローズドベータと同じく、“White Mask”達(AI)を相手に戦うテロハンがプレイ可能。
  • オープンベータのマップ:クローズドベータでプレイ可能だった“Hereford Base”と“House”に加え、gamescomトレーラーに登場した新マップ“Kanal Industrial Harbor”がプレイできる。何れも昼夜のバリエーションが利用可能。
「Rainbow Six Siege」
新たにプレイ可能となるスペツナズチームの3人
「Rainbow Six Siege」
プレイ可能な14人のオペレーター、新たにスペツナズの3人が登場する
「Rainbow Six Siege」
領事館に代わって新マップ“Kanal”を導入する
「Rainbow Six Siege」
オープンベータで利用可能なコンテンツの一覧
情報元及びイメージ:Rainbow Six Siege

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその119
「4コマ:このババア」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.