「Batman: Arkham Knight」
美しく生まれ変わった“Arkham Knight”版のウェイン邸
画像は原寸大のイメージにリンクしてあります

先ほど、1.11パッチと共に11月分のシーズンパスコンテンツ配信がスタートした「Batman: Arkham Knight」ですが、登場を控える12月の大型コンテンツ“Season of Infamy”に注目が集まるなか、新たにRocksteadyが2016年1月に配信される無料DLC“Community Challenge Pack”のディテールを発表。なんとウェイン邸やバットケイブ、アイスバーグ・ラウンジといった馴染み深いArkham Cityのマップがチャレンジマップとして復活を果たすことが明らかになりました。

今回の“Community Challenge Pack”は、公式フォーラム上でフィードバックを求めていた復活マップの要望を経て選定されたもので、シリーズ3タイトルから選出された以下のマップが6種が同梱されます。

■ プレデターマップ

  • Wayne Manor Main Hall (Batman: Arkham City)
  • Batcave(Batman: Arkham City)
  • Sanatorium, Medical Facility(Batman: Arkham Asylum)

■ コンバットマップ

  • Iceberg Lounge(Batman: Arkham City)
  • Crime Alley(Batman: Arkham Knight)
  • Monarch Theatre(Batman: Arkham City)

また、“Community Challenge Pack”の配信に併せて、エンドレスなサバイバルプレデターマップを導入する第7弾の拡張現実チャレンジ“Endless Knight”がリリースされるほか、PC版の再販時にアナウンスされた通り、PC向けの特典として“Community Challenge Pack”に1週間の先行アクセスを適用することが判明しています。

情報元及びイメージ:WB Games Community, GameSpot

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその106
「4コマ:4回やってもこうなった」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.