「Frictional Games」

今年9月にSci-Fiホラーの新たな金字塔となった“SOMA”のローンチを果たし、高い評価を獲得したお馴染み「Frictional Games」ですが、新たにスタジオのクリエイティブディレクターThomas Grip氏が“Rely On Horror”のインタビューに応じ、過去作のPS4移植に関する調査を進めていることが明らかになりました。

これは、“SOMA”の開発にあたってFrictionalの内製エンジン“HPL”がバージョン3となり、PS4対応が可能となったことから浮上したもので、現在は移植作業がどの程度容易に進められるか、技術的な調査を行っている段階で、具体的な決定には至っていないとのこと。

Frictionalの過去作と言えば、AmnesiaとPenumbraシリーズが存在するのみですが、PS4対応を果たしたHPL3は新たにフィルミックトーンマッピングを伴うHDRライティングやテンポラルブラー、アニメーションの拡張、パーティクル表現の強化、DoF、マルチプラットフォーム対応のシェーディング言語といった新機能を実装しており、美しく生まれ変わったThe Dark DescentやA Machine for Pigsのリマスターが実現するか、今後の動向に期待が掛かるところです。

情報元:Rely on Horror

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその103
「5コマ:よし!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.