「Edge of Nowhere」

今年6月に開催されたOculusのプレE3カンファレンスにてお披露目され、ラヴクラフト系の悪夢的な演出を特色とすることが判明したInsomniacの新作VRタイトル「Edge of Nowhere」ですが、新たにGame Informerが本作の開発を率いるベテランBrian Allgeier氏のインタビュー映像を公開し、主人公Victor Howardが過酷な南極大陸を探索し、自身の狂気と対峙する未見のゲームプレイフッテージが登場しました。

Oculus Riftと提携した取り組みをはじめ、ラヴクラフトの“狂気の山脈にて”や“インスマスを覆う影”に強くインスパイアされた作品の出自、VR経験における三人称視点ゲームのアプローチと固有のメカニクスなど、興味深い見解も確認できる最新映像は以下からご確認下さい。

“Edge of Nowhere”は、1932年12月に南極の山岳地帯で行方不明となった探検隊グループの捜索をテーマに描くアクションアドベンチャー作品で、Oculus Riftのローンチに近い時期のリリースを予定しているとのこと。

情報元及びイメージ:Game Informer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその107
「バカだと思われてるのだろうか」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.