「Escape from Tarkov」

先日、初のゲームプレイトレーラーが公開され、非常にクオリティの高いインゲームフッテージと架空の閉鎖都市を舞台に複数の勢力が対立する魅力的なプロットの概要が明らかになった“Battlestate Games”の新作「Escape from Tarkov」(PC/Mac)ですが、新たにBattlestateが本作のインベントリとLootシステム、銃器カスタマイズのディテールを紹介するスニークピーク映像を公開。RPG要素が色濃く感じられる探索やStatsなど、非常に興味深いフッテージが登場しました。

本日公開されたスニークピーク映像
「Escape from Tarkov」
インベントリの構成、左が装備品、中央がチェストリグやバックパックを含むコンテナ類
「Escape from Tarkov」
現在のコンテナはリグとポケット、バックパック、ポーチから構成される
恐らく装備の状況によって構成は変化すると思われ、個別に利用可能なスロット数が異なる
「Escape from Tarkov」
装備スロット、頭部だけでヘッドセットとゴーグル、ヘルメットの3種に分類される
下部にはヘルス値やのどの渇きを示すと思われるステータス値が確認できる
「Escape from Tarkov」
ヘルスタブの情報、総合的な体力は部位毎の値を合計したもの
下部には毒や放射能、体温を示すStatsも確認できる
「Escape from Tarkov」
Loot時のUI、右側に対象のインベントリが確認できる
敵もリグやポケットなど複数のコンテナを持っており、個別に中身を調べる必要がある
「Escape from Tarkov」
インベントリに用意されたサブメニューから武器カスタマイズにアクセス可能
「Escape from Tarkov」
M4A1のカスタマイズ画面、マガジンやグリップ、ストック、バレルといった箇所に加え
なんと機関部やチャージングハンドルまで変更可能
「Escape from Tarkov」
左側のバレルレールに取り付けるアタッチメントを変更中
実在する露ゼニット社のタクティカルライトKlesheが確認できる

“Escape from Tarkov”は、現代のロシア内部で生じた武力紛争により、国連とロシア軍によって完全封鎖された架空の都市Norvinsk州“Tarkov”を舞台に展開する新作で、都市に残り活動する武装勢力“Scavs”と、同じくTarkovで活動する2つの民間軍事会社(USECとBEAR)が都市を分割統治するなか、プレイヤーがどちらかの民間軍事会社に所属する元傭兵として過酷なサバイバルに望む作品となることが判明しています。

また、本作のジャンルはFPSとTPS、RPGジャンルをミックスさせたナラティブMMOとされており、RPG的なキャラクタープログレッションやMMO的なゲーム内経済、オフライン用のアクティビティ等を特色とし、2016年Q1にはクローズドベータを開催することが報じられていました。

参考:先日公開された初のゲームプレイトレーラー
参考:11月上旬に公開されたアナウンストレーラー

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその103
「5コマ:よし!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.