「Shovel Knight」

昨年は新システムとメカニクスを含むPlague KnightのキャンペーンDLC“Plague of Shadows”配信や可愛らしいamiiboの登場、海外リテール版の発売など、1年に渡って多彩な活躍を見せたYacht Club Gamesの人気アクションプラットフォーマー「Shovel Knight」ですが、新たに本作の開発を率いるIan Flood氏がNintendo Lifeのインタビューに応じ、2016年の取り組みについて言及。“Shovel Knight”を完全に完結させることが2016年の目標だと語り、今後登場する新コンテンツに関する興味深いディテールを明らかにしました。

多忙だった昨年の取り組みによって、偶然ゲームを手にする新規プレイヤーが現在も増加傾向にあることを明かしたIan Flood氏は、幾つか残されているKickstarterのストレッチゴールについて触れ、現在熱心に開発を進めている新コンテンツのラインアップとしてSpecter KnightとKing Knight向けの新キャンペーンと4人対戦可能な“Battle Mode”(※ レースや対人戦、宝の収集など、複数のモードを含む)、新規グラフィックの実装を伴うジェンダースワップ機能を挙げており、これらを以て2016年内に“Shovel Knight”を完結させたいと強調しています。

今のところ新コンテンツの具体的なディテールや進捗は不明ながら、Plague Knightに続いてプレイ可能となる“Specter Knight”の開発が順調に進行している様子で、Ian Flood氏はSpecter Knightが愛すべきクールなキャラクターだと説明しています。

「Shovel Knight」
参考:本編にボスとして登場したSpecter Knightのアートワーク

野心的な拡張と多彩なリリースにより、見事なブランド化を遂げた印象を受ける“Shovel Knight”ですが、昨年4月には既存プラットフォーム向けの日本語化対応と日本語版の発売も決定しており、いよいよ今年は国内でのヒットも実現するか、来る続報に大きな期待が掛かるところです。

情報元及びイメージ:Dualshockers, Nintendo Life

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその96
「3コマ:金銀財宝」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.