「Song of the Deep 」

先日、“Insomniac Games”が新作と思しき予告とティザーイメージを公開し話題となりましたが、先ほど海中を舞台に繰り広げられる可愛らしいメトロイドヴァニア系の探索アクション「Song of the Deep」が正式にアナウンスされ、なんと大手小売りとして知られる“GameStop”が本作のパブリッシングを担当することが明らかになりました。

また、発表に併せて行方不明となった父親を探すために小さな潜水艦で海中を探索する少女Merrynの冒険を描いたアナウンストレーラーとゲームプレイ映像が登場しています。

“Song of the Deep”のアナウンストレーラー
潜水艦とMerrynの両パートが確認できる“Song of the Deep”のゲームプレイ映像

アイルランドの神話をルーツに持つ“Song of the Deep”は、迷路のような海中の探索やパズル要素を併せ持つサイドスクロールの2Dアドベンチャー作品で、固有の武器を備えた潜水艦の探索/戦闘パートと、主人公の少女Merrynが船外で狭い洞窟や迷路を探索するパズルパートに大きく分かれるゲームプレイと、絵本のようなアートスタイルが印象的なカットシーンによるストーリーテリングを特色としており、PS4とXbox One、PC向けの作品として今夏の発売を予定しているとのこと。

「Song of the Deep」
主人公の少女“Merryn”、本作のアートスタイルは宮崎駿作品や日本の木版画に影響を受けている

また、本作はGameStopがビデオゲームのパブリッシングを担当する初めての作品としても注目を集めており、メディア向けのハンズオンを実施したInsomniacのボスTed Price氏とGameStopのMark Stanley氏は、今回のプロジェクトが偶然交わした2人の会話から生じたおよそ慣例的ではない情熱的な共同作業であることを強調しており、Insomniac Gamesがクリエイティブ面における自由だけでなく、IPまで保持したままであることが判明しています。

これに伴い、GameStopは本作のプロモーションを担当し、年間でのべ6,200万人が利用するGameSpotの店舗で本作のリテール版やFunkoで知られるPopVinylsのマーチャンダイズ、Barnes & Noble社のSterling Publishingと提携した児童書といった関連商品の発売まで予定しているとのこと。

なお、Ted Price氏とMark Stanley氏は、まずは何よりも“Song of the Deep”の発売にフォーカスすると強調する一方で、これが最後の取り組みではないことを示唆しており、異例の取り組みとなった本作の動向に大きな注目が寄せられる状況となっています。

「Song of the Deep」
「Song of the Deep」
「Song of the Deep」
「Song of the Deep」
「Song of the Deep」
「Song of the Deep」
「Song of the Deep」
情報元及びイメージ:Song of the Deep, Polygon, IGN, IGN

注目タイトルPICKUP

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.