「CD Projekt」

“The Witcher 3: Wild Hunt”の第2弾拡張パック“血塗られた美酒”や“Cyberpunk 2077”の続報に大きな注目が集まる「CD Projekt」、本日2015会計年度の業績報告を実施し、“The Witcher”シリーズの販売動向やGOGの取り組みに加え、2017年から2021年までの5年間を視野に入れた中期的なビジネス戦略について発表。The WitcherとCyberpunkに続くさらなるAAARPGの開発や、CD Projekt Redのスタジオ拡張など、非常に興味深い取り組みの数々を明らかにしました。

■ 2015会計年度の業績と“The Witcher 3: Wild Hunt”、“The Witcher”フランチャイズの販売について

  • 2015会計年度の売上高は7億9,800万ズウォティ(約231億円)となり、3億4,240万ズウォティ(約99億円)の純利益を計上している。
  • “The Witcher”フランチャイズの販売は累計2,000万本を突破。
  • CD Projektの株価は、この4年間で353%増を記録しており、今後は株の買い戻しを進めるとのこと。
  • “The Witcher 3: Wild Hunt”のデジタルセールは、累計販売本数の31.6%、売上げの50.2%を占める状況となっている。

■ 2016年から2021年の“CD Projekt Red”に関する計画について

  • 2016年:“The Witcher 3: Wild Hunt”の大規模拡張パック“Blood and Wine”(血塗られた美酒)をリリース予定。
  • 2017~2021年
    • “Cyberpunk 2077”のリリース
    • 新たなAAA RPGタイトルのリリース(未発表の新フランチャイズ)
    • CD Projekt Redのスタジオ規模を現在の2倍に拡張、4つの異なるチームを設立。(現在は2チーム体制)
    • 重要な地域を対象とするCD Projekt Redの新たな支店開設

■ 2016年から2021年の“GOG.com”に関する計画について

  • 2016年
    • ローンチと同時にGOG Galaxyのフルサポートを実現するAAAゲームのリリース
    • CD Projekt Red製品向けのGOG Galaxy機能とネットワーク技術の拡張
    • GOG.comプラットフォームの新たな取り扱い通貨や新たな言語をサポート
    • 早期アクセスプログラムの継続的な支援
  • 2017~2021年
    • GOG Galaxyのフルサポートを備えたメジャー作品のさらなるグローバルリリース
    • CD Projekt Red作品のマルチプレイヤーやオンライン機能を支援する技術サポート
    • GOG.comプラットフォームのさらなるローカライズ対応

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその94
「4コマ:フゴッ?」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.