「Everybody’s Gone to the Rapture」

昨年12月上旬に“ダンガンロンパ”シリーズを含む未発表タイトルのSteam DBが多数浮上し、PC対応の噂がまことしやかに囁かれていたThe Chinese Roomの新作アドベンチャー「Everybody’s Gone to the Rapture」ですが、その後もSteamストア用のイメージやベータビルドの存在が確認され、続報と確認が待たれるなか、本日AMDが配信したRadeonの最新ドライバに本作向けの対応が明記されており、やはり水面下でPC対応が進められているのではないかと注目を集めています。

これは、Oculus RiftやHTC Vive対応を含むAMD Radeon最新ドライバのCrossfire対応タイトルに“Everybody’s Gone to the Rapture”が追加されたもので、The Chinese Roomの確認が待たれる状況となっています。

情報元:PC Gamer, DSOGaming, AMD

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその99
「3コマ:ベテランどばきんを舐めるな」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.