「The Witcher 3: Wild Hunt」

昨日、にこやかな笑顔でのんきにトゥサン入りするゲラルトさんと南部の美しい景観、休暇気分をぶちこわす不穏な惨劇の予兆を含む初のティザートレーラーが公開された「The Witcher 3: Wild Hunt」の第2弾拡張パック“Blood & Wine”(血塗られた美酒)ですが、5月31日の配信決定に伴い、海外ではプレビューイベントの情報が一斉に解禁され、およそ10年に及んだゲラルトさんの旅に終止符を打つ(ME3のCitadelやDA:IのTrespasser的な)大団円コンテンツの一部具体的なディテールが明らかになっています。

ということで、今回はストーリーに絡むネタバレを除く新要素やシステムの変更、改善といったディテールと、未見のゲームプレイを収録したプレビュー映像をまとめてご紹介します。

Eurogamerが公開したプレビュー映像、多数の新要素や美しいロケーションが確認できる
こちらはTVGRYのプレビュー映像、よりプレイスルーに近いフッテージが確認できる

■ “血塗られた美酒”に導入される主な新要素や改善

  • 30時間を超える新たな冒険。
  • 90種を超える新たなクエスト
  • 40種を超える新たな“重要ポイント”(Points of Interest:隠された財宝やダンジョン、怪物の巣、力の場、略奪品/密輸品/財宝、盗賊のキャンプなど)
  • 新要素として動的な“重要ポイント”システムが導入される。これは、重要ポイントの内容がプレイに応じて変化するもの。例:盗賊の主要な隠れ家を壊滅させた場合、周辺の盗賊キャンプに登場する敵の数が変化する。
  • 1万4,000行規模の新たなダイアログ。第1弾拡張パック“Hearts of Stone”(無情なる心)のダイアログは約6,000行だった。
  • 新たなウィッチャーセットを含め、100種に及ぶ新アーマー。
    • グランドマスタークラスの鎧と、これを作成可能な新商人。
    • 前2作に登場した青いフードの鎧が導入される。
    • アーマーの染色要素が導入される。染料はトゥサンの商人から購入できるほか、クラフトとLoot経由でも入手可能。ピンクも存在する。
  • 30種を超える新しい武器。
  • 20種を超える新モンスター。
  • 最大レベルが100に増加する“New Game +”
  • 新要素“Mutations”が導入される。12種の特別なアビリティやステータスブーストを含むもので、変異誘発剤とスキルポイントを併用し解除する非常に強力な能力となる。これらはクエストを通じて個別にアンロック可能で、1度に1つだけ利用可能となる。(※ プレビュー映像にて巨人と戦っていたゲラルトさんのアードに付与されていた凍結効果もこの内の1つ)
  • UIの大幅な改善と変更。(※ 以下に参考イメージあり)
    • 文字のみが配置されていた簡素なステータス詳細画面が刷新され、ゲラルトさんの3Dモデルが表示されるほか、ズームや回転まで可能となる。
    • これまでインベントリに収められていた本が“大百科”(Glossary)へと移る。このほか、読むタイプのアイテムを取得する際、新たに小さな通知が画面の左下に表示される。
    • 直近で入手した本や手紙、メモといったアイテムをメニューにアクセスすることなく、直接内容を表示可能なショートカットボタンが導入される。(Xboxコントローラーの場合右スティックの押し込み)
    • “ウィッチャーの感覚”を有効化した際の魚眼レンズ的なエフェクトを無効化するオプションが導入される。
  • 新要素としてゲラルトさんの家が導入される。
    • この家は“Corvo Bianco”と呼ばれ、ブドウ畑や薬草を育てるための温室、ローチのスタミナが向上する小屋など、高額で多彩な拡張要素が用意されている。
    • ゲラルトさんの家には客間が存在し、ここを旧友達が訪れる。トリスやイェネファーがこれに含まれることが確認済みだが、このほかにどんな友人たちがやってくるのか、詳細は明かされていない。
    • 家の改築を決定した場合、労働者がやってきて足場を組み、作業を開始する。これに伴い、購入した拡張が実際に使用可能となるまで、ゲーム内で一定の時間経過が必要となる。
    • 家の屋内に、取得したアーマーや武器、絵画、本などを飾ることができる。
    • 絵画のいくつかは購入可能。このほか、特別な注文が必要となるものや、クエストを通じて入手できるものが存在する。
  • 2時間を超える新たな楽曲が導入される。タイトルスクリーンの楽曲はCGIトレーラーに登場した楽曲をアレンジしたものとなる。
  • 草や布表現の最適化が進められた。
  • 剣を鞘に収める動作を手動化し、自動で適切な剣を抜刀しなくなるオプションが導入される。
「The Witcher 3: Wild Hunt」
参考:以前の“キャラクター”画面、以下のUI画像は全て原寸大のイメージにリンクしてあります
「The Witcher 3: Wild Hunt」
大幅に刷新された新たな“キャラクター”画面、新たにMutationツリーが追加された
「The Witcher 3: Wild Hunt」
参考:以前の“製作”画面
「The Witcher 3: Wild Hunt」
新たな“製作”画面、必要な情報が分かりやすく整理された
「The Witcher 3: Wild Hunt」
参考:以前の“所持品”画面
「The Witcher 3: Wild Hunt」
こちらが新しい“所持品”画面、レイアウトが改善されかなり見やすくなった
「The Witcher 3: Wild Hunt」
参考:以前の“ショップ”画面
「The Witcher 3: Wild Hunt」
アイテムの分類や表示が改善された新しいショップ用UI
「The Witcher 3: Wild Hunt」
参考:味気なかった以前の“ステータス詳細”画面
「The Witcher 3: Wild Hunt」
文字通り生まれ変わった“ステータス詳細”画面、中央のゲラルトさんはなんと拡大/回転可能
「The Witcher 3: Wild Hunt」
「The Witcher 3: Wild Hunt」
「The Witcher 3: Wild Hunt」
「The Witcher 3: Wild Hunt」
「The Witcher 3: Wild Hunt」
「The Witcher 3: Wild Hunt」
情報元及びイメージ:VG247, Kotaku, Polygon, Eurogamer, PCGamesN, GameSpot, PlayStation.Blog, NeoGAF

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその96
「3コマ:金銀財宝」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.