「Agony」

先日、今年ポーランドで設立された新スタジオ“Madmind Studio”が、地獄を舞台とする一人称視点のサバイバルホラー「Agony」を正式にアナウンスし、非常にフレッシュな“地獄”描写が印象的な素晴らしいイントロ映像を公開しました。

新たに公開された“Agony”のイントロ映像

Madmind Studioのデビュー作となる“Agony”は、昨年7月にKickstarterキャンペーンが行われたTomasz Dutkiewicz氏の個人プロジェクト“Sacred Agony”の後継に当たる作品で、今回は複数のAAA開発経験者を擁するスタジオを設立し、計画の再稼働を果たしたことが判明しています。

“Agony”は、過去の記憶を失い地獄へと突き落とされた“魂”を主人公とする一人称視点のサバイバルホラーで、地獄に落ちた脆弱な人間や強力な悪魔に憑依しながら、悪夢のような地獄を探索し脱出を図る“レリクス”のようなシステムを特色とする作品となっています。

Unreal Engine 4を用いた壮観なロケーションとエフェクトが印象的な“Agony”は、2017年発売予定で、対応プラットフォームはPS4とXbox One、PC。開発を手掛けるポーランドのMadmind Studioには、“Tom Clancy’s The Division”や“The Witcher 3: Wild Hunt”、“Sniper: Ghost Warrior 2”、“Alien Rage”、“Enemy Front”といったAAA開発に参加した9名のベテラン開発者が在籍しているとのこと。

余談ながら、昨年Kickstarterキャンペーンが行われた前身の“Sacred Agony”には、3本のプレイ映像が存在しており、再始動を果たした現在の“Agony”とは大きく異なる可能性があるものの、憑依システムや地獄の強烈なビジュアルなど、作品の概要が収められていますので、気になる方は1度チェックしておいてはいかがでしょうか。

参考:昨年公開された前身“Sacred Agony”のプロトタイプ映像
悪魔を回避するステルスが重要となる脆弱な“Martyr”をプレイしている
参考:こちらは強力な悪魔に憑依したプレイヤーの映像
参考:“Martyr”に憑依したプレイヤーのゲームプレイ
「Agony」
「Agony」
「Agony」
「Agony」
情報元及びイメージ:All Games Delta, Kickstarter

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその99
「3コマ:ベテランどばきんを舐めるな」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.