「Squad」

昨年12月のSteam Early Access版ローンチ以降、意欲的な拡張と改善が進められている50vs50規模の新作分隊タクティカルシューター「Squad」ですが、昨日2016年6月分の進捗を報告するMonthly Recapが更新され、導入に向けて開発が進められているプレイアブルなビークルを紹介する初の走行映像や、PPSH-41とSKSの射撃デモ映像が登場しました。

また、ラジアルメニューの改善や米軍兵士のモデル、M1937 82mm 榴弾砲、ソ連のDShK重機関銃、M110 SASS、新マップ等、来るアルファのバージョン7に導入される新コンテンツの数々が明らかになっています。

ハンヴィーの走行を収録した初の本格的なビークルプレイ映像
  • Squadのビークルは、それぞれに異なる物理的なビヘイビアを特色とするほか、ビークル毎に入力レスポンスやタイヤ、サスペンションの強度といった設定が用意される。これに伴い、運用の目的が大きく異なるInsurgentsとMilitia勢力、アメリカとロシア軍の間で同じビークルに別の調整が適用される。
  • 今回公開された映像の走行音は最終版ではないものの、6月の開発を経て、車体のダメージ要素やハンドリングに異なる影響を与えるダメージタイプ、エンジンとドライブ音、搭乗者のアニメーション、ビークル用武器といった要素の実装が終了している。
「Squad」
ラジアルメニューが分隊リーダー/メンバー向けに大きく改善される
「Squad」
「Squad」
「Squad」
来るバージョン7にて、米軍兵士のモデルが追加される
「Squad」
「Squad」
新たに導入される“M1937 82mm 榴弾砲”のアセット
「Squad」
三脚で展開可能なマシンガンとして“DShK重機関銃”が導入される
「Squad」
米軍のマークスマンキット向けに導入される“M110 SASS”
現在は“TA31 4X ACOG”を装備しているが、今後さらなる光学サイトが実装される
新たな武器として導入されるPPSH-41(SMG)とSKSライフルの射撃映像
「Squad」
新たに導入される団地の外観、現代的な屋内環境のイメージも
「Squad」
「Squad」
「Squad」
「Squad」
東部戦線を扱う新マップ“Yehorivka”
「Squad」
GorodokやSumari Balaの改善も進められている、こちらはGorodokの新エリア
情報元及びイメージ:Squad

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその99
「3コマ:ベテランどばきんを舐めるな」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.