「Turbine」

先日、一部海外でローンチを果たした“Batman: Arkham Underworld”の開発を手掛け、現在は新作“Game of Thrones: Conquest”の開発を進めているお馴染み「Turbine」ですが、昨日から海外で浮上していたレイオフの噂に注目が集まるなか、新たにWarner Bros.がKotakuをはじめとする海外メディアの確認に応じ、レイオフの敢行が事実であることを明らかにしました。

今回のWarner Bros.の報告によると、今回のレイオフは予てから強化を進めているモバイルとF2P向けの取り組みに注力するための再編で、解雇となった開発者の規模は不明ながら、現行のMMO“The Lord of the Rings Online”と“Dungeons and Dragons Online”の運用には影響を与えないことが報じられています。

一方、2014年に新モデルへと移行(参考:公式サイト)したクラシック“Asheron’s Call”と“Asheron’s Call 2”に関する言及はなく、レイオフがどのポジションに及んだのか再編が続く名門の動向に改めて注目が集まる状況となっています。

情報元:GameSpot, Kotaku, Eurogamer

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.