「Overwatch」

予てからカスタム・ゲームの“高帯域幅”オプションのみ利用可能だった60Hzの高帯域幅オプション(サーバ/クライアントのtickレート)を通常モードに適用させるための取り組みと検討が進められていた「Overwatch」(オーバーウォッチ)ですが、新たにBlizzardが水面下で一部サーバの60Hz対応を実装したのではないかと注目を集めています。

これは、PC版の南北アメリカとヨーロッパサーバのネットワークグラフ(マッチ中にCtrl + Shift + Nキーで有効化可能)から判明したもので、更新レートを示すPPS(Pulse Per Second)がIN/OUT共に60Hz動作している様子が実際に確認できます。(※ 記事執筆時点におけるアジアサーバは以前の仕様、PPS IN/20Hz、PPS OUT/60Hzで動作中)

今のところ、60Hz動作に関するBlizzardの正式なアナウンスは行われていませんが、まもなく具体的な情報が提示されるか、確認とBluepostに注目が集まる状況となっています。

情報元及びイメージ:Eurogamer

注目タイトルPICKUP

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその94
「4コマ:フゴッ?」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.