「Titanfall 2」

昨晩、遂にマルチプレイヤー・テックテストの始動を果たしたRespawnの期待作「Titanfall 2」(タイタンフォール2)ですが、テスト開始後に寄せられた幾つかのレスポンスを受け、本作のリードエンジニアJon Shiring氏が今後の調整や2週目の開催に向けた変更、テックアルファのビルド等について興味深い発言を見せています。

先日公開されたテックアルファのマルチプレイヤートレーラー
  • Amped Hardpoint(拠点増幅)におけるタイタンの降下率について:Jon Shiring氏によると、現在のAmped Hardpointにおけるタイタンの(低い)降下率は想定したものではなく、今後調整を加えたいとのこと。なお、“Titanfall 2”のタイタン降下は従来のタイマー制からポイント制に変更となっていることから、降下に必要な条件の調整が行われるものと思われる。
  • AIが登場するゲームモードについて:MPテックアルファにおいてAIが登場するモードは“Bounty Hunt”(賞金稼ぎ)のみとなっているが、Jon Shiring氏によるとこの他にも幾つかAIを擁するモードが存在するとのこと。なお、今作の“Bounty Hunt”や前作の“Attrition”(消耗戦)を発展させたゲームモードであることが判明している。
  • MPテックアルファのレベルキャップについて:初週の第1回テスト(19日から21日)はレベル10が最大値となる。来週の第2回開催時(8月26日から28日)には、最大レベルが引き上げられる予定。
  • パイロットの性別変更について:“Titanfall 2”は、パイロットの能力が見た目で容易に判断できるよう、アビリティの選択によって外観が大きく変更する。前作で変更可能だったパイロットの性別は、製品版にて実装されるとのこと。
  • MPテックアルファのビルドについて:先日、公式サイトにてアナウンスされた通り、今回のテストは、サーバのストレステストとスケーリングの調整を確認するためのもので、Jon Shiring氏は今回のビルドが把握済みのバグを含む文字通りの“プレアルファ”ビルドだと説明し、マーケティング向けのデモを意図したものではないと強調している。Jon Shiring氏によると、今回のテスト用クライアントは6月時点の開発ビルドから派生し作られたものとのこと。

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその94
「4コマ:フゴッ?」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.