「Interplay」

2001年の再編以来、破産や“Fallout”IPを巡るBethesdaとの泥沼裁判や中身のない復活宣言、ほぼ詐欺まがいの名門“Black Isle Studios”再建(その後自然消滅)など、パブリッシャーやデベロッパとして正常に機能しない状況が長く続いているかつての名門「Interplay Entertainment」ですが、本日InterplayとWedbushが共同でプレスリリースを発行し、およそ70種に及ぶIPやビデオゲーム関連アセットの売却を計画していることが明らかになりました。

発表によると、売却対象となる作品は、Earthworm JimとFreespace(※ 2013年にTHQとVolitionから7,500ドルで購入したもの)、Giants、Kingpin、Messiah、MDK、Run Like Hell、Sacrifice、Battlechess、Clayfighter、Dark Alliance(Baldur’s Gateのスピンアウト)、Descentが含まれ、IP/アセットの販売にあたってWedbush Securitiesが戦略的なアドバイザーを務めるとのこと。

なお、ポートフォリオの売却に至った経緯や背景については提示されておらず、Eric Caen社長とスタジオの動向に注目が集まる状況となっています。

情報元:GlobeNewswire

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.