「 Wasteland 3」

今月6日にFigキャンペーンを開始し、僅か3日で初期ゴールの275万ドル調達を達成したinXile Entertainmentの人気RPGシリーズ最新作「Wasteland 3」ですが、本日キャンペーンの資金調達が遂に300万ドルを突破し、レーガン大統領のために開発された喋るAI内臓の車両型コンパニオン“Morningstar”のストレッチゴールを達成しました。

また、Figキャンペーンページが更新され、来る“Wasteland 3”の拠点となるレンジャーベースに関する幾つかの改善要素が報じられています。

  • 初代のレンジャーセンターはゲームを開始し、新しいキャラクターを作る場所であり、続編“Wasteland 2”のレンジャー砦も同様の役割を果たしたが、多くの店やクエスト用のコンテンツ、Lore、幾つかのストーリー要素による拡張が施された。ただし、出発地点であることに変わりは無く、戻る理由は僅かに制限されていた。
  • 最新作“Wasteland 3”は、拠点の概念をさらに拡張し、ゲームにおいてより意義ある存在と感じられることを目指している。
  • “Wasteland 3”の冒頭は、プレイヤーがコロラドの新しいレンジャーベースの指揮を担うことになるが、前作のように十分に装備や人員が整った状態ではなく、対立的な領域で新たな足がかりとなる拠点を設立したTeam November部隊最後の生き残りとなり、地元住民から新しいレンジャーを募集し、迫る危険や攻撃に自ら対処しなければならない。
  • “Wasteland 3”のレンジャーベースは、全体にわたってクエストのハブとして機能し、Baldur’s Gate II: Shadows of AmnのDe’Arnise Keepに近いものを想定している。
  • この他、“Wasteland 3”のレンジャーベースはマルチプレイヤーパートの中核も担う予定で、補給やコンパニオンの管理等に関連する。マルチプレイヤーについては改めてディテールが報じられるとのこと。
Figキャンペーンの開始に併せて公開された“Wasteland 3”初のプレイ映像

PS4とXbox One、PC/Mac/Linux向けの新作として2019年末の発売を予定している“Wasteland 3”は、舞台を極寒のコロラドへと移し新たなレンジャーチームの活躍を描くターンベースRPGで、マルチプレイヤーやビークル、“Torment: Tides of Numenera”に用いられたダイアログシステムの導入、ビジュアルの大幅な強化を特色としています。

情報元:GameSpot

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.