「Sniper Ghost Warrior 3」

2017年4月4日の発売が5ヶ月後に迫る人気スナイパーシューターシリーズ最新作「Sniper: Ghost Warrior 3」ですが、新たに本作の開発を手掛けるCI GamesのシニアレベルデザイナーTomasz Pruski氏がWCCFTechのインタビューに応じ、ゲームプレイのボリュームやオープンワールド環境の広さなど、来る最新作の興味深いディテールを明らかにしました。

  • 舞台となるオープンワールドの広さはおよそ27平方km。多数のチャレンジや遭遇戦が用意されている。(※ 27平方kmは、おおよそTESV: Skyrimの2/3程度)
  • 多数の難易度設定が導入される。
  • “Sniper Ghost Warrior 3”のメインストーリーはおよそ15時間程度。さらに20時間規模のサイドミッションやクエストが用意されており、100%楽しめば35時間程度のボリュームを擁する。
  • 既に予約特典用のプリクエルDLCが発表済みだが、現在さらなるDLCの検討が進められている。
  • コンソール版の解像度とパフォーマンスは、PS4が1080p/30fps、Xbox Oneが900p/30fpsを目標としている。
  • 現在、PS4 Pro対応を検討中。
  • PS4とPC版についてはHDR対応を果たす予定。
  • PC版はローンチ時にマルチGPUをサポート。ただし、技術的な理由からDX12はサポートしない。
情報元:OnlySP, Wccftech

注目タイトルPICKUP

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその100
「4コマ:飛ぶな!」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.