「The Sinking City」
新たなコンセプトアート、今回ご紹介する画像は原寸大のイメージにリンクしてあります

先日、プレアルファ版ながら動作する初のインゲームフッテージをご紹介したFrogwaresファン待望のオープンワールドアドベンチャー「The Sinking City」ですが、新たにFrogwaresが公式Facebookを更新し、物陰からずるずると這いよる不気味な異形を描いた未見のコンセプトアートを公開しました。

(続きを読む…)

「Darksiders」

先日、ビデオゲームのドキュメンタリーやプレビュー、インタビューを専門に手掛けるGameumentaryが新たなドキュメンタリーを発表し、シリーズ最新作“Darksiders III”を手掛けるGunfire Gamesと、ジョー・マデュレイラが設立したAirship Syndicateの協力を得て「Darksiders」とVigil Gamesの誕生にスポットを当てるドキュメンタリーの制作に着手することが明らかになりました。

(続きを読む…)

「PlayerUnknown’s Battlegrounds」

今月18日にSteam Early Access版が38万2,561ユーザーの同時接続ピークを記録し、“Grand Theft Auto V”を超えてSteam史上第4位の作品となった人気バトルロイヤルシューター「PlayerUnknown’s Battlegrounds」ですが、先週中頃に42万2,618人を記録した同時接続の成長に注目が集まるなか、昨日本作の同時接続ピークが48万人を突破。遂に“Fallout 4”(47万1,955)の記録を超えて、Steam史上第3位の作品となったことが明らかになりました。

(続きを読む…)

「Battlefield 」

昨日EAが実施した2018会計年度の第1四半期報告にて、“Battlefield 1”の2,100万プレイヤー突破が報じられ話題となりましたが、新たにEAのCEO Andrew Wilson氏が2019会計年度の取り組みとポートフォリオの拡張に言及し、「Battlefield」シリーズ最新作の登場を明らかにしました。

(続きを読む…)

「Middle-earth: Shadow of War」

今月10日、女優ポリアンナ・マッキントッシュと共に「Middle-earth: Shadow of War」(シャドウ・オブ・ウォー)への起用が報じられた俳優クメイル・ナンジアニですが、新たにWarner Bros.が本作の開発映像を公開し、クメイル・ナンジアニが敵ながらどこかユーモラスなオーク“The Agonizer”を演じていることが明らかになりました。

“The Agonizer”は、ネメシスシステムの一部として登場する可能性があるオークの1人で、映像にはクメイル・ナンジアニの熱演やタリオンとAgonizerの対決、サウロン軍の内部でのし上がるAgonizerの勇姿など、興味深いディテールが確認できます。

(続きを読む…)

「Derek Yu」
Derek Yu氏が公開した謎のスクリーンショット

SpelunkyやAquaria、Eternal Daughterといった作品で知られるゲームデザイナーDerek Yu氏が、今月26日に自身のTwitterを通じて、“#UFO50”のハッシュタグを添えた横スクロールの2Dシューティングらしき未発表作品のスクリーンショットを公開。同時にDerek Yu氏と関係の深いデザイナーJon Perry氏やEirik Suhrke氏、Paul Hubans氏達が次々と同じ“#UFO50”を添えた新作らしきゲームのスクリーンショットを公開しており、謎に満ちた“#UFO50”の正体とDerek Yu氏の動向に注目が集まる状況となっています。

(続きを読む…)

「Battlefield 1」

第2弾拡張パック“In The Name Of The Tsar”のリリースに向けたCTE運用が続けられている「Battlefield 1」(バトルフィールド 1)ですが、本日EAが2018会計年度の第1四半期報告を実施し、“Battlefield 1”の累計プレイヤー数が6月30日の段階で2,100万人を突破したことが明らかになりました。

(続きを読む…)

「The Sinking City」

シャーロック・ホームズシリーズで知られるFrogwaresが開発を進めている“クトゥルフ”テーマの新作「The Sinking City」ですが、長らく続報が途絶えている期待作の進捗に注目が集まるなか、Frogwaresが本作の第1弾開発映像を公開。まだプレアルファ段階ながら、舞台となる都市“Oakmont”のオープン環境を撮影した初のインゲームフッテージが登場しました。

謎の天変地異で水没した“Oakmont”のいびつなレベル環境と街を探索する主人公の後ろ姿、謎の超常現象が確認できる興味深い最新映像は以下からご確認下さい。

(続きを読む…)

「Fallout Crate」

本日、ビデオゲームや映画、コミック関連のグッズをまとめて配達するサブスクリプションサービス“Loot Crate”がBethesdaとの提携を発表し、2015年に販売された“Fallout 4 Limited Edition Crate”に続く新たなCrateラインアップとして、65ドル以上の価値を持つ4~6種の多彩な“Fallout”関連グッズを同梱する「Fallout Crate」の発売をアナウンス。今年12月から2か月ごとにCrateの配送を予定していることが明らかになりました。

(続きを読む…)

「Grand Theft Auto V」

本日、イギリスの小売業界団体ERA(Entertainment Retailers Association)が2017年上半期の市場規模と販売数のランキングを発表。発売から4年が経過した「Grand Theft Auto V」が僅か半年でなんと33万4,280万本を売上げ、ビデオゲーム作品として最大の販売を達成したことが明らかになりました。

イギリス市場における今年上半期のエンターテインメント販売は、ビデオが前年の上半期から1.2%増、ビデオゲームが8.4%増、音楽が11.2%増と何れも販売増を達成しており、全体で6.4%成長を達成。上位40作品をまとめたランキングには、6本のビデオゲームが含まれており、Ubisoftが今年最大の販売を達成したと報じた“Tom Clancy’s Ghost Recon Wildlands”が31万本強、Guerrillaの野心作“Horizon Zero Dawn”が29万本弱の販売を記録。続いて、“FIFA 17”と“Call of Duty: Infinite Warfare”、“バイオハザード7 レジデント イービル”がTOP40入りを果たす状況となっています。

今回の調査は、音楽と映像メディアの一部デジタル販売を扱う一方で、ビデオゲームのデジタル販売が含まれていないことから、正確な比較とは言えませんが、200万枚を超えたエド・シーランのアルバム“Divide”や映画“ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー”、“ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅”、“ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期”といった作品が上位を占める英市場の興味深い傾向が見られる上位40作品のラインアップは以下からご確認下さい。

(続きを読む…)

「Portal」

およそ7年に渡って“Portal”シリーズのスピードランやエクストリームなグリッチ利用を専門に扱ってきたImanexさんが、新たに長年の研究と異常なやり込みの集大成とも言える初代「Portal」の“マウス無し”クリア映像を公開し話題となっています。

ポータルガンの発射をキーボードに割り当て、完全にマウスルックを廃した、つまり上下左右を含む視点移動が全くできないばかりか、視点の回転さえできない状態で、前後と左右の平行移動、ジャンプ、一部グリッチや天地のポータルを利用した微妙な視点調整など、ありとあらゆるテクニックと仕込みを駆使しながら、次々とチャプターをクリアする魔法のようなプレイスルーは以下からご確認下さい。

(続きを読む…)

「GWENT: The Witcher Card Game」

本日、CD Projekt Redが8月25日から2日間に渡ってgamescom 2017会場で行われる「グウェント ウィッチャーカードゲーム」公式トーナメントの開催決定を発表。CD Projekt Redが往復航空運賃や宿泊費、通訳の手配等を負担することで、日本人プレイヤーも参加と賞金獲得が可能となるトーナメントの概要とスケジュールが明らかになりました。

発表に併せて、CD Projekt Redの本間氏が大会の詳細やシングルエリミネーションを採用するトーナメントルール、登録サイトの説明等に関する情報を公式フォーラムに投稿していますので、気になる方は一度チェックしておいてはいかがでしょうか。

(続きを読む…)

「THQ Nordic 」

本日、THQ Nordicが“gamescom 2017”向けの出展情報をアナウンスし、8月22日から26日に掛けてケルンで開催される大規模イベントにて、オープンワールドRPGを含む2本の新作発表を予定していることが明らかになりました。

“Battle Chasers: Nightwar”や“Elex”、“SpellForce 3”を含む出展ラインアップは以下からご確認下さい。

(続きを読む…)

「For Honor」

本日、数々の戦国武将像やファインアート作品で知られる“ART OF WAR”(株式会社謙信)が国内向けに剣戟アクション「For Honor」(フォーオナー)のスタチューシリーズを発表。第1弾スタチューとして、侍勢力の“剣聖”を見事に再現した全高60cmの1/4スケールスタチューを2017年12月に発売することが明らかになりました。

20年に渡って戦国武将像や鎧兜の復元修復を手掛けてきた謙信の技術がいかんなく発揮された“剣聖”は、価格12万円(税別)の高額商品ですが、発表に併せて初回限定制作50体の予約販売が既にスタートしていますので、気になる方は“剣聖”スタチューのディテールが確認できるイメージと映像、リリース情報を確認しておいてはいかがでしょうか。

(続きを読む…)

「Overwatch」

大がかりなコスプレ衣装やプロップで知られるMike Carambatさんが、新たに愛する娘のD.Vaコスプレ用に「オーバーウォッチ」の自走式メックを製作し、その映像を公開。多彩な可動ギミックや実際に搭乗可能な設計、思わず笑ってしまうほど作り込まれたディテールが大きな話題となっています。

(続きを読む…)

「 Project Goliath」

ウォーレン・スペクター氏が2005年に設立し、2本の“Epic Mickey”作品を発売したものの、残念ながら2013年に1月末に閉鎖となった“Junction Point Studios”ですが、新たに数々のキャンセル作品を専門に扱うUnseen64が「Project Goliath」と呼ばれるJunction Pointの新IPだった未発表作品のディテールとコンセプトアートを公開。初代Epic Mickeyの発売後にゴリラと少女が共闘する3Dプラットフォーマー作品の開発を進めていたことが明らかになりました。

“Project Goliath”は、当時インターンとしてJunction Point Studiosに参加していたゲームデザイナーAlexander Rohn氏がサバンナ大学アート&デザインの学生だった2000年頃から温めていた企画で、少女Kyを守るゴリラTarekが共に力を合わせて困難に立ち向かう物語を描く作品で、“ジャック×ダクスター”や“ラチェット&クランク”、“ワンダと巨像”にインスパイアされたPS3とXbox 360、Wii向けの3Dプラットフォーマー作品だったとのこと。

ただし、Junction Pointは“Epic Mickey 2”の開発に着手したことから本格的なプリプロには至っておらず、コンセプト段階のアイデアやキャラクターの変遷が確認できる数点のアートワークが登場しています。閉鎖が迫っていたJunction Point Studiosの様子やそれに絡む苦い経験についても語られる興味深い特集映像は以下からご確認下さい。

(続きを読む…)

「Crash Bandicoot N’Sane Trilogy」

前回、FF12のPS4リマスター“ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ”が見事初登場1位を獲得していたイギリス小売市場の週間セールスチャートですが、先ほどUkieが7月16日週の最新販売データを発表し、初期“クラッシュ・バンディクー”トリロジーのリマスターバンドル「Crash Bandicoot N’Sane Trilogy」(クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!)が首位に返り咲き、見事3度目の首位を獲得したことが明らかになりました。

なお、今週初登場となる人気シューターの続編“スプラトゥーン2”は2位でTOP3入りを果たし、同市場において“マリオカート8 デラックス”と“ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド”に続く3番目のNintendo Switchローンチを実現したとのこと。

“Grand Theft Auto V”が再び3位に浮上した最新の上位20作品は以下からご確認下さい。

(続きを読む…)

「Gears of War」

本日、MicrosoftがIDW Publishingとの提携を発表し、“Gears of War 4”に描かれたシリーズの新時代を描くコミックシリーズを2018年に始動することが明らかになりました。

(続きを読む…)

sp

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその116
「2コマ:さすがにこの流れはもう受け入れる」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.