音量注意です……

去年の11月に発表されたDellのAndroid携帯”Mini 3″がどうしても、どうしても欲しかったのか同社のミニノートInspiron Miniを大(魔)改造してMini 3にしちゃった映像が公開されました。中身だけでなく外装まで利用して無駄なく作り替えてるのが微妙に関心する所なのか判りませんがModderとしてのこだわりを感じさせます。であれこれ早回しで完成するわけですが、とりあえずでかい。しかし機能的にも技術的にも完成度は恐ろしく高く、これぞ技術の無駄遣いだと言えるボンクラな魔改造に仕上がっています。ちゃんと電話も出来る!なんともはやModder恐るべしといった所でしょうか。

情報元:tec.nologia.com
「Dragon Age: Origins」

拡張パックの登場も噂される「Dragon Age: Origins」の最新DLC”Return to Ostagar”ですが、リリースが一日延期になり1月5日から発売される事が公式フォーラムから明らかになりました。時差を考えると国内で遊べるのは明日からとなりそうです。なおコミュニティコーディネーターのChris Priestly氏が後ほど詳細な情報を明らかにすると述べています。リリースが1月中とされているPS3版のDLCについての詳細等も出てくるのかもしれませんね。

情報元及びイメージ:Joystiq
Electronic Arts

Electronic Artsが2月2日に行うサーバのシャットダウン時に同社の古いタイトルのマルチプレイサポートを打ち切る事を明らかにしました。今回の打ち切りは20近いタイトルに及んでおり、2008年11月にリリースされたボクシングゲーム「Facebreaker」や2008年8月にリリースされた「Madden NFL 09」といった比較的最近のタイトルも含まれています。

EAによるといくつかのマルチプレイサポートはシャットダウン前に終了する物もあるとの事ですが、今回リストに上がっているタイトルの中にもプラットフォームによってはサービス継続の物も存在しています。例えばNBA 07はPSPとXbox 360のマルチプレイはクローズとなりますが、PS3版はサービス継続となります。詳細は次のリストでご確認下さい。

  • 「UEFA Champions League 07」PCとXbox 360
  • 「Facebreaker」Xbox 360とPS3
  • 「Fantasy Football 09」Xbox 360とPS3
  • 「FIFA 07」PSP, PS2, PC
  • 「Fight Night Round 3」PS2
  • 「Madden 07」Xbox 360
  • 「Madden 08」Wii
  • 「Madden 08」PC
  • 「Madden 09」Xbox1
  • 「Madden 09」WiiとPSP
  • 「Madden 09」Xbox 360とPS3
  • 「March Madness 07」Xbox 360
  • 「NBA 07」PSP, Xbox 360
  • 「NBA 08」PS2, PSP, Wii
  • 「NBA 09」Wii – Europe only
  • 「NBA Street (2007)」PS3とXbox 360
  • 「NCAA Football 08」PS2
  • 「NCAA Football 09」PS2
  • 「NASCAR 08」PS2
  • 「NASCAR 09」PS2
  • 「NASCAR 09」PS3とXbox 360 – Europe Only
  • 「NFL Tour」PS3とXbox 360
  • 「NHL 07」PSPとXbox 360
  • 「NHL 08」PC
  • 「Tiger Woods 07」PC
情報元:Shacknews
「StarCraft II」 スタークラフト 2

Blizzardの次回作Starcraft II、本作ではテランとザーグ、プロトスがそれぞれ別れて3部作でリリースされる事が明らかにされていますが、最初にリリースされる事になるテラン勢を描いた「Starcraft II: Wings of Liberty」の中に、プロトスを操作するミニキャンペーンが用意されている事が公式サイトのフォーラムから明らかになりました。

これによるとボリュームはテランパートよりも短い物だそうで、ユニットの登場に制限がある事、そして建造物のアップグレードが出来ない等の制限が設けられているそうです。まだ2010年の前半リリースの予定を崩さないBlizzardですが、そろそろベータテストの話題が出てきても良い頃でしょうか。

情報元及びイメージ:Joystiq

これまでさまざまなエクストリーム演奏をお届けしてきた当サイトですが、新ジャンルとも言えそうなペン2本を使ってビートボックス風にスーパーマリオを演奏した映像が登場しました。リムショット的な叩き方や音色をちゃんと意識したパラディドルなど、小ネタも良い感じに混ぜ込まれて素敵な映像に仕上がっています。これなら楽器がなくても楽しめそう!

情報元:GoNintendo

世界でないでないタイトルの王者「Duke Nukem Forever」、訴訟やら3D Realmsの閉鎖騒動(まだ生きてます)やらで、危うく”出なかったタイトル”になりかけた本作ですが、まだまだ出ない様でファンは一安心という所。日本語がかなりおかしい事になっていますがどうにも書きようがない!そんなプロレス的な状況も内包してこそのDuke Nukem Foreverではないでしょうか。

そんなDukeの映画をフィンランドのインディペンデント系の映画スタジオHMCIndieが制作しており、先日そのトレーラーが公開されました。色々つっこみどころ満載すぎて言い出すとキリがありませんが、Dukeのなんとも言えない中途半端さが本当に秀逸な映像に仕上がっています。同スタジオのサイトにはびっくりするようなボンクラ映像が沢山アップされているので本編の仕上がりが気になる方はご覧になればある程度予測できるかもしれません。逆に見て見たい!

シリーズの方はDuke Nukem: Manhattan ProjectのXBLA版リメイクや3部作となるDuke Nukem Trilogyも控えており、色んな弾でお茶を濁す用意は万端!と言える盤石な体制が築かれつつあります。Dukeの運命はどうなるのか今後も目が離せなさそうです。

情報元:Destructoid

実験的とも評された前作から大きくポップに進化し、プレイ要素も大幅にボリュームアップされた続編「Army of Two: The 40th Day」、本作のプロモーションにはこれが売れなきゃ後がないセーレムとリオスもがんがん登場し、宣伝できてるんだかできてないんだかよく判らない愉快な活動を展開しています。先月下旬に二人がロンドンに営業に向かったニュースをお伝えしましたが、ようやく到着した模様でロンドンでの営業活動の様子が映像で公開されました。

手売りしてるわピンクチラシに気がいってるわ、グレネード落っことすわで相変わらずですがイギリスの人気ギターポップバンドのPint Shot Riotとの共演も果たし二人ともご機嫌の様子。このまま二人とも愉快な愛されキャラとして生きていけるんでは……。という訳でゲームの方も背水の陣で気合いが入っているArmy of Two: The 40th Dayはヨーロッパでは2010年の1月15日、北米では1月12日リリースの予定で、対応プラットフォームはXbox 360、PS3、PSPとなっています。

情報元:VG247
「Dark Void」

カプコンが1月15日リリースするTPSアクションの「Dark Void」、ニコラ・テスラが重要なキャラクターとして登場し、テイストもスチームパンクに近いテスラパンクとも言えそうな独特のデザインが特徴的、さらに宇宙空母ギャラクティカ的なテイストまで盛り込まれて大変楽しそうなタイトルに仕上がっています。さらに本作の開発にはValveでPortalを開発したKim Swift女史も関わっており大きな関心を集めています。

そんな本作のPC版の動作環境が昨日公開され、近年のタイトルとしては平均的なスペックで楽しめる事が判りました。動作環境の詳細は以下の様になっています。

■ 最低動作環境

OS: Windows Vista / XP
メモリ: 1 GB RAM
プロセッサー: Intel 2.4GhzまたはAMD 2.0 GHz
グラフィック: GeForce 7900またはRadeon HD 3850 シリーズ DX 9
ハードディスク: 10 GB

本作のパブリッシャーはカプコンですが、デベロッパはAirtight Gamesが担当しており、MTフレームワークではなくUnreal Engine 3を用いて開発されています。なお物理エンジンにPhysXを利用しており、ラジオシティライティング用のミドルウェアLightsprintも併用されています。リリースはヨーロッパで1月15日に、北米は1月19日、オーストラリアでは1月21日発売の予定で、対応プラットフォームはPS3、Xbox 360、そしてPCとなっています。

情報元及びイメージ:That VideoGame Blog
「MadWorld」 マッドワールド

UPDATE:1月5日15:10
昨日お伝えしたセガがWii向けの過激なタイトルを予定しているとの記事ですが、誤った情報をお伝えしてしまいました。実際にはセガが今後Wii向けの過激なタイトルを予定していないというのが正しい内容となっております。紛らわしいミスで混乱を招いた方には大変申し訳ありませんでした。今後はこのようなミスが無いようにクオリティの向上に努めて参ります。

情報元:Edge, イメージ:Flickr
Electronic Arts

先日カプコンが投資者向けのQ&Aセッションでゲームソフトの価格が今後安くなっていく傾向にあるとの予想を明らかにした事をお伝えしましたが、どうやらElectronic Artsも同様の事を考えているようです。GameinformerがElectronic Artsカナダのシニアプロデューサーを務めるJason DeLong氏に2010年にビデオゲーム産業に起こるであろう事態を伺ったところ、近い将来ゲームタイトルの価格が下がっていく考えを明らかにし、エピソード形式の採用や拡張コンテンツでのビジネスが増えていくだろうとの予想を示しました。

同氏によると近年のゲームはより高価になっており、プレイ時間もかかる事からユーザーが望むゲームを全て購入する事は非常に困難な状況になっているとの事で、こういった状況を改善する事がゲーム業界が解決すべき問題であると提起しています。このインタビューはGameinformer紙の202号で”The Road Ahead: Experts & Insiders Look Ahead at 2010″として全文が収められているようです。

情報元及びイメージ:GameInformer
マリオ
クリックすると大きな画像にリンクします

やはりマリオ強し!と言える高セールスを達成した新作「New スーパーマリオブラザーズ Wii」、国内ではすでに200万本を突破し250万本に迫る勢いを見せています。かなり売れた印象の強い本作ですが、これまで多くリリースされてきたシリーズタイトルの中では8位に位置するようです。海外のマリオファンがシリーズタイトルの日本国内セールスの結果を一目で確かめることができる表を公開しました。

この表からは今回の新マリオが歴代タイトルでもワースト3に位置する前作のスーパーマリオギャラクシー(95万本)から5ランクもアップして復活を遂げた事が判ります。しかし……やはり恐るべしは初代スーパーマリオ、680万本!日本の世帯数とか考え出すと想像しただけで恐ろしいモンスター級のセールスだった事が判ります。ちなみにシリーズ最下位はスーパーマリオアドバンスとなっています。それでも88万本……恐るべし!

情報元及びイメージ:Destructoid
「OnLive」

これまで多くのIT関連の特許を生みだし、近年ではゲームのオンデマンドサービスのフロンティアとして、そしてApple時代にはQuickTime技術を産みだした一人でもある天才Stephen Perlman氏率いる「OnLive」、ゲームクラウドサービスのフロンティアとして動向が注目されている本サービスですが、セットアップボックス型の専用端末”MicroConsole”がなんと無償で提供される可能性がある事が判りました。

Perlman氏の発言によるとMicroConsoleの原価は、なんと中身の機械部分より外側のプラスチックのケースの方が高価だそうで、加入のサインアップと引き替えに無料で提供ができる程になりそうだとの事。無償提供が行われて当初の計画通りマルチプレイや新作なども豊富なラインアップでゲームが楽しめるとなれば、ビジネス的にも驚異的なサービスとなりそうです。気になるサービスエリアですが、こちらも先日お伝えしたとおりベータテストエリアの拡大も進められており、否が応にも期待が高まる所です。

ちなみに「OnLive」のサービスはこの専用端末MicroConsoleを用いてテレビ等に接続して楽しむタイプとPC上に専用のブラウザソフトをインストールして楽しむ2タイプが用意されています。今回は専用端末でのビジネスモデルの話となりましたが、PC向けのサービスでも同様に安価で提供されるようになると素敵ですね。

情報元及びイメージ:/gamer
「God of War III」 ゴッド オブ ウォー III

かつてGod of Warを世に産みだし、現在はEat Sleep Playを設立しPS3タイトルを開発中のDavid Jaffe氏が新たにiPhoneタイトルも開発中である可能性を自信のTwitterで示唆しました。

それによるとiPhoneタイトルの存在を認めているものの、一先ず現在は自社のPS3タイトル集中しているそうです。ちなみにEat Sleep Playが開発中のPS3タイトルはGod of Warと同様にPS3のマスターピースになるだろうと大きな自信も見せています。しばらく表だった情報が聞こえてこなかったDavid Jaffe氏とEat Sleep Playですが、最近になって同スタジオの初リリースタイトルがPSNタイトルになる事が明らかになったり、Twisted Metalシリーズの新作も噂も聞こえてきたりと、ようやく具体的な動きが見えてきたようでファンの方にはほっと一安心のニュースとなりました。

情報元及びイメージ:That VideoGame Blog
「Left 4 Dead 2」レフト 4 デッド 2

BoomerやJockey、Witchなど様々な能力を持った「Left 4 Dead 2」の特殊感染者達ですが、その中で最もタフで硬いのが他の特殊感染者達の軽く10倍を超えるHPを持つTankです。特に難易度ExpertではHPが8000にもなり撃っても撃っても死なない上に吹っ飛ばしやら遠距離攻撃やらで非常に嫌な敵となっています。そんなTank相手に最も適した武器はなんだろう……と、それぞれの武器がTankをkillするのに必要な時間を計測した表がSteamのフォーラムで公開されました。

この表によると近接武器が強い!その中でもトンファーが最速の6secとなっています。かたや銃器の方ではM-16が5本マガジンを使って24秒という記録となっています。コンバットショットガンも26秒となかなか良いタイムを叩き出しています。もちろん……ちゃんと当てればの話ですが、高難度で苦戦している方には武器の総合的な威力を把握する良い参考になるかもしれません。

情報元及びイメージ:Hellforge
「Dragon Age: Origins」 ドラゴンエイジ オリジンズ

第3弾のDLCにあたる”Return to Ostagar”がいよいよ本日リリースされる「Dragon Age: Origins」ですが、なんとパッケージ販売される拡張パックがリリースされるという噂が聞こえてきました。Eurogamer.czによるとこの拡張パックは「Dragon Age: The Awakening」と呼ばれており、新キャラクターや新アイテム、そして現在25のレベルキャップが解放されるものになるとの事。そして気になるストーリーはOriginsとは違った物が展開されると記されています。

真偽の程が非常に気になる所ですが、発表はReturn to Ostagarのリリース後とされており、噂が真実であれば近いうちに何らかの発表があるのかもしれません。

「Dead Space 2」 デッドスペース 2

先月Electronic ArtsとVisceral Gamesから正式発表された名作サバイバルホラーの続編「Dead Space 2」、閉塞感の高い宇宙ステーションを舞台に主人公Isaac Clarkeが生き残りを掛けて過酷な戦いを繰り広げるタイトルです。先日本作の新しいスクリーンショットが公開され、精悍なイメージに生まれ変わったアイザックさんの新スーツがたっぷり確認できます。

(続きを読む…)

new year

明けましておめでとうございます。昨年7月にオープンしたdoope!にはあっという間の一年間でしたが、多くの方からお便りやご指摘を頂いたり、読者の方に支えられ2010年を迎える事が出来ました。皆様本当にありがとうございました。来年はサイトの機能的な部分なども強化しつつ、より一層魅力的なニュースをお伝えできるよう頑張って参ります!

年末年始で更新ペースが緩やかになっておりますが、4日から通常通りの更新を再開させて頂きます。それではみなさんどうか良いお年をお迎え下さい。

11 / 11« 先頭...7891011
sp

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその118
「4コマ:じじい」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.