「GLaDOS」 「Portal 2」
GLaDOSだ……

これまでも様々なGLaDOSやAtlas、P-Body、各種コアなどPortal関連のファンメイド作品をご紹介してきましたが、本日新たにエクストリームなファンメイドの極北とも言える凄まじい“GLaDOS”レプリカが登場しました。

これはロシアの熱心なPortalファンMdevaevさんが開発した“動いて喋る”Portal 2仕様のGLaDOSレプリカで、加速度計やサーボモータ、各種コントローラを搭載し、PCからのコントロールにより実際に動くだけでなく、任意のテキストを発音させる読み上げ機能まで搭載した素晴らしい仕上がりとなっています。

実際に動いて喋るGLaDOSの可愛らしい映像と、ディテールの詳細が確認できる開発時の様子を撮影したイメージの数々は以下からご確認下さい。

(続きを読む…)

昨年非常に高い評価を得たシリーズ最新作“Total War: Shogun 2”初の拡張パック“Fall of the Samurai”のリリースを間近に控えるイギリスの名門デベロッパThe Creative Assemblyですが、昨年5月にはスタジオの大規模な増築と共に、セガ“エイリアン”フランチャイズ向けの新作開発を行うことが判明していました。

(続きを読む…)

「Darksiders II」

本日、G4TVがVigilの人気タイトル続編「Darksiders II」のゲームプレイを収録したインタビュー映像を公開、新主人公のDeathが搭乗可能な魔法ロボ的な何らかが登場しました。

今回のインタビューはVigilのゼネラルマネジャーDavid Adams氏を招き行われたもので、映像ではDeathの多彩なアクションや戦闘スタイル、改善された映像表現、ストーリーについて紹介が行われています。

(続きを読む…)

「Syndicate」

先日遂に4人Co-opプレイが可能なデモもリリースされたStarbreezeの新作シューター「Syndicate」ですが、本作の特徴でもあるエージェント達のハッキング能力を紹介する新たなトレーラーが公開されました。

今回の映像は主人公が所属する巨大企業Eurocorp社が開発した新型チップ“Dart 6”のCM映像となっており、周辺の敵を巻き込み自殺させる能力や、身体のコントロールを奪い同士討ちさせる能力を始め、各種オーグメントによるエージェントの強化などについても紹介が行われています。

(続きを読む…)

「Ghost Recon: Future Soldier」

本日Ubisoftがオーストラリアとニュージーランド向けに豪華な特典を同梱した人気シューターシリーズ最新作「Ghost Recon: Future Soldier」の“Collector’s Edition”発売を発表しました。

本エディションは製品パッケージに加え、“Ghost Recon”Tシャツやスチール製ケース、ハードカバーのアートブック、リトグラフなどを同梱したもので、価格はまだ明らかにされていませんが120から130ドル程度になるのではないかと予想されています。なお、本エディションのリリースは5月24日で対応プラットフォームはPS3とXbox 360となっています。(※ 通常版の北米リリースは5月22日、PC版のリリーススケジュールは未定)

情報元及びイメージ:MMGN
「The Elder Scrolls V: Skyrim」

本日遂にSteam Workshopサポートも実装した最新アップデート1.4パッチがリリースされたPC版「The Elder Scrolls V: Skyrim」ですが、残念ながら本作のMODツールとしてリリースが明言されていた“Creation Kit”の同日ローンチは果たされず、配信開始まであと少しの時間が必要であることが明らかになりました。

そんな中、Bethesdaが“Creation Kit”とSteamとの提携により実現する“Skyrim Workshop”の紹介映像を公開し、驚く程モダンな機能が実装され生まれ変わった“Creation Kit”と、ワンボタンでMODを導入可能にする“Skyrim Workshop”の概要が遂に姿を現しました。

(続きを読む…)

「Rayman Origins」 レイマン オリジン

昨年11月に海外ローンチを迎え、シリーズ最高傑作として高い評価を得たMichel Ancel氏によるレイマンシリーズ最新作“Rayman Origins”が「レイマン オリジン」として日本語化され、4月12日にリリースされることが明らかになりました。

これは先ほど日本UbisoftがTwitterで明らかにしたもので、Ubisoftの創業25周年を記念した特別価格2500円でPS3とPS Vita、3DS向けにリリースされるとのこと。

(続きを読む…)

本日EAが行った四半期会計報告中に「Mass Effect 3」ローンチに絡むモバイル向けタイアップタイトルの存在が記載されていましたが、海外情報サイトKotakuの確認から、本作の詳細に関する発表が近く行われることが明らかになりました。

このモバイルタイトルはMass Effect 3本編に導入されたCo-opモード“Galaxy at War”に関係するアプリだそうで、詳細はまだ不明ながら統計情報のトラッキングなどが可能なアプリではないかとの予想が有力視されています。

情報元:VG247
「Kingdoms of Amalur: Reckoning」

2月7日のリリースが迫る38 StudiosのアクションRPG大作「Kingdoms of Amalur: Reckoning」のエピックなローンチトレーラーが公開されました。

本作は著名な大リーグ投手として知られるカート・シリング氏が率いる38 Studiosの初タイトルながら、主要開発陣に“Spawn”のトッド・マクファーレン氏、“ダークエルフ物語”のR.A.サルバトーレ氏、そして“The Elder Scrolls IV: Oblivion”のリードデザイナーKen Rolston氏達が参加するドリームチームによるタイトルで、爽快感の高い戦闘や柔軟な成長システム、骨太な世界観がRPGファンの期待を集めています。

(続きを読む…)

「Battlefield 3」

本日EAが行った2012会計年度の第3四半期業績報告からDICEの人気シューターシリーズ最新作「Battlefield 3」の販売が昨年10月のローンチから累計1100万本を突破したと発表、さらにFPS市場におけるシェアを24%獲得したとしてセールスの好調と成功を強調しました。

また、タイトル販売とマイクロトランザクションでの販売が共に好調な人気シリーズ最新作「FIFA 12」も1000万販売を突破したことが報告されており、デジタル販売部門をも牽引する重要タイトルに位置づけられています。なお、同じくEA Sportsの人気シリーズ最新作である“Madden NFL 12”の販売が500万本を超えたことも報告から明らかになっています。

情報元:Joystiq, VG247
「Electronic Arts」

本日Electronic Artsが2012会計年度の第3四半期業績報告を行い、“Battlefield 3”や“FIFA 12”、“Star Wars: The Old Republic”といった注目タイトルの好調なセールスや、大幅なテコ入れで強化を謳ってきたデジタル販売の成功により前年同期比から15%増となる16億5000万ドルの売上高を記録したことが明らかになりました。

(続きを読む…)

昨年国内で話題となった“エルシャダイ”を始め、当サイトでは出る出る出ないタイトルの新たな横綱“WarDevil”とアクロバティックな開発トラブルでお馴染みのUTV Ignitionを傘下に置くインド最大のメディア・コングロマリット「UTV」がディズニーにより買収されたことがBBCの報告から明らかになりました。

今回の買収は既にインドで3つのTVチャンネルを保有しているディズニーがインドにおける販路をさらに拡大させる目的で行ったもので、アニメーション映画やテレビ番組の他、ゲームの販売拡大も視野に入れたもので、現在“一応”開発が進められている(かもしれない)“Reich”や未発表新作を含む“UTV Ignition”への影響は不明な状況となっています。

情報元:Eurogamer
「Call of Duty: Modern Warfare 3」

先日DLCマップのリリースに伴い適用されたXbox 360版「Call of Duty: Modern Warfare 3」の最新アップデートとなる1.08パッチですが、まだPS3とPCのリリーススケジュールに関する発表が行われておらず続報が待たれる状況となっています。

(続きを読む…)

「THQ」

先日からビジネス的な不振やレイオフの噂が話題となっていた大手パブリッシャー「THQ」ですが、本日証券取引委員会に提出された書類や海外メディアの確認により、同社が世界的な規模で販売/一般/管理職などを対象に240名規模のレイオフを行うことが判明、3月末を目処にほとんどの人員削減を終え、残る整理が9月31日に完了予定となっていることが明らかになりました。

(続きを読む…)

「The Elder Scrolls V: Skyrim」

先日からSteam上でベータパッチのテストが行われていたPC版「The Elder Scrolls V: Skyrim」ですが、本日遂にテストが終了し1.4パッチが正式にリリースされました。

(続きを読む…)

「Halo 4」
Pelaaja誌に掲載された予告

昨年8月に開催された“Halo Fest”以来潜伏が続いている343 Industriesの新生“Halo”リクレイマートリロジーの1作目となる「Halo 4」ですが、今月29日にサンフランシスコで開催されるMicrosoftのSpring Showcaseイベントにて本作の新情報が発表されるとの噂が登場し注目を集めています。

(続きを読む…)

「Mass Effect: Deception」

先日Mass Effectノベライズシリーズの新刊としてご紹介し、1月31日の発売を迎えたシリーズ4巻目となる「Mass Effect: Deception」ですが、著者の交代によるものか、ストーリーの内容が世界観を無視した奇妙な内容に仕上がっていることが熱心なファン達の報告から明らかになりつつあります。

これまで“Revelation”と“Ascension”、“Retribution”の3冊がリリースされたノベライズは初代Mass EffectとMass Effect 2のリードライターを務めたDrew Karpyshyn氏がライターを担当し素晴らしいクオリティに仕上がっていましたが、今作では新たにHaloやスター・ウォーズシリーズのノベライズを手掛けるWilliam C. Dietz氏に交代しており、Mass Effectシリーズのファンにとってはお馴染みの要素に奇妙な変化が見られるとのこと。今回はその一部の奇妙な点をまとめてご紹介します。

(続きを読む…)

昨年4月に北米の大手小売りGameStopにより買収されたダウンロード販売サービス「Impulse」で新たにValveタイトルの取り扱いが開始されたことが明らかになりました。

Impulseで購入可能なタイトルは“Orange Box”と“Portal 2”、“Left 4 Dead”、“Left 4 Dead 2”、“Half-Life Complete”の5種で、これをGameStopによるカタログラインアップの強化と見るか、Valve側の何らか新しい動きと見るか、非常に興味深い状況になっていると言えそうです。

情報元:VG247
20 / 21« 先頭...10...1718192021
sp

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその118
「4コマ:じじい」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.