E3 Coliseumのプロデューサーとホストを務めたGeoff Keighley氏が「E3 2020」への不参加を表明

2020年2月13日 10:47 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「E3 2020」

長年GTTVやG4tvを通じてE3の話題を報じ、近年はE3 Coliseumのプロデューサー兼ホストとして、すっかりE3の顔となっているお馴染みGeoff Keighley氏ですが、大規模イベント“E3 2020”の開催が4ヶ月後に迫るなか、新たにGeoff Keighley氏が声明を発表し、なんと“E3 2020”への不参加を表明。今年はE3 Coliseumの製作にも参加しないことが明らかになりました。

Geoff Keighley氏のE3不参加は、1995年の第1回開催以来初めてという異例の事態で、氏はE3が自身のキャリアを形成した重要なイベントであり、1年のハイライトでもあったと前置きした上で、E3 2020に関する議論を交わし、E3 Coliseumのプロデュースを断る難しい決断を下したと語り、25年に及ぶE3の歴史の中で初めてE3への不参加を決めたと伝えています。

不参加を表明した経緯について言及したGeoff Keighley氏は、様々な成果を披露する開発者達を支援したいと考えてはいるものの、ファンや開発者に対して、自身の考えをオープンかつ正直に伝える必要があったと説明。Gamesindustryやファンの質問に応じたGeoff Keighley氏は、不参加を決めた要因にE3 2020の計画や先だって海外で話題となった参加企業のリークなど、多くの要因があったことを挙げ、E3のチケットが発売される前に自身の決断を伝える必要があったと明らかにしています。

また、Geoff Keighley氏は、今後も様々な形でビデオゲーム業界を支援したいと伝えており、The Game Awardsを含む今後の取り組みに改めて注目が集まる状況となっています。

情報元及びイメージ:GameSpot, GamesIndustry

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.